接尾辞 fy を知って動詞の数を確実に増やそう!

接尾辞 fy を知って動詞の数を確実に増やそう!

 

TOEICの問題などに品詞の識別を問う問題が出題されます。そんな時に〝接尾辞〟の知識があると便利です。

 

自分が既に習得している英単語を少し加工するだけで語彙を増やしたり文章構造を把握するために役立つのは非常にお得です!今回は〝接尾辞 fy〟についてお伝えしたいと思います。

 

 

接尾辞 fy の意味

 

・接尾辞 fy は 英単語の一番後ろに配置し〝動詞化〟するために使われます。

 

~化する〟〝~にする〟のような意味になります。

 

例えば以下のような例です。

 

・simple(単純な)+fy ⇒ simplify ~(~を単純化する)

 

TOEICの品詞識別の問題などで 〝fy が付いている単語は動詞である可能性が高い〟という事を知っているだけで、正しい品詞を選択できる可能性は高まります。

 

 

接尾辞 fy が付く英単語

 

※身近な単語に fy を付けるだけで知っている動詞の数を増やすことが出来ます!

 

・acidify(~を酸性化する) acid(酸)  acid rain (酸性雨)

・alkalify(~をアルカリ化する)

・ammonify(~をアンモニアと化合させる)

・amplify(~を増幅させる) 

・beautify(~を美しくさせる ~を美化する)

・calcify(~を石灰化させる)  歯の再石灰化を促進させる リカルデント というガムがあります。

・citify(~を都市化する)

・clarify(~を明確にする)

・classify(~を分類する)

・cockneyfy(~をロンドン子化させる)

・codify(~を法典に編む)

・compactify(~をコンパクトにする)

・cost-justify(支出を正当化する)

・counterexemplify(~を反証する)

・crucify(~を張り付けにする)  cross 十字架 crusader 十字軍戦士

・damnify(~を侵害する)

・declassify(~の秘密を解除する)

・dehumidify(~から除湿する)

・detoxify(解毒する)  デトックス

・disqualify(資格を奪う) disqualified=DSQ 失格

・dissatisfy(不満を抱かせる)

・diversify(~を多様化する)

・electrify(~を電化させる)

・falsify(~を偽る) false(偽りの) true false questions=○×問題

・justify(~を正当化する)

・liquify(液化する) liquid 液体

・magnify(~を拡大する)

・minify(小さくする)

・notify(~に通告する)

・personify(~を擬人化する)

・qualify(~に資格を与える)

・reunify(~を再統合する)

・specify(~を具体的に述べる)

・terrify(~を恐れさせる)

・testify(~を証言する)

・unify(~を統合する)

・verify(~を証明する)

・vilify(~を中傷する)

・vinify(~を醸造する)   vine tree=ブドウの木

・vivify(~に活気を与える)  vivid =鮮やかな

・Yankeefy(~をヤンキー化する)

 

知っていると便利な 接頭辞

接尾辞  fy3

 

 

以下のような接頭辞を知っておくと語彙力UPに役立ちます!

 

anti

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

・in

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

sub    (〝~の下〟〝副〟)

・un

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか? 既知の単語にfyを付けるだけで(~する ~化する)という意味を表し動詞化できるものがかなりあります。

 

英単語の記憶は大変ですが、頭の中に一つ引っ掛かりを付けて上げるだけで記憶の定着は変わってきます。丸暗記も必要ですが接尾辞を知ると無味乾燥な記憶から解放され面白いものです。

 

 

接尾辞 fy1

接頭辞 il 知っておくべきスペルとの関連性

接頭辞 il 知っておくべきスペルとの関連性

 

前回までの接頭辞〝im〟と〝ir〟はそれぞれ似たような意味を持ち、後ろにくる綴りが限定されるものでした。

 

今回も、同じ意味を持ち綴りと関連性がある接頭辞〝il〟についてお伝えしたいと思います。

 

接頭辞 ilのポイント

接頭辞 il2 

 

・接頭辞 il のポイントは以下になります。

 

接頭辞 il はどのような意味を持つか?

接頭辞 il と綴りとの関係

接頭辞 il を持つ英単語にはどのようなものがあるか?

 

 

接頭辞 il の意味

 

・接頭辞 il は〝不〟〝非〟〝無〟 の意味になります。

 

 

接頭辞 il と綴りとの関係

 

接頭辞 il は綴りとの関係が強い接頭辞です。

 

綴りが〝l〟の前で使われます。

 

ですから〝il〟が付く英単語は極めて限定的であることが分かります。

 

※綴りとの関連性がある接頭辞には以下のようなものもあります。

 

im

ir

 

 

接頭辞 il の付く英単語は?

接頭辞 il3

 

・上で述べたように〝il〟の付く英単語は数が限られます。そして、ilが付く形で英単語を覚えておくと、これを外した時の意味も自動的に覚えられるので非常にお得です。

 

・illegal(不法な)

・illegality(不法)

・illegible(読みにくい)

・illegitimacy(非合法)

・illigitimate(非合法の)

・illiberal(心の狭い)

・illiberality(心の狭いこと)

・illicit(不法な)

・illimitable(無限の)

・illiteracy(読み書きができないこと)

・illiterate(読み書きができない)

・illogical(非論理的な)

 

 

ilと同じような意味を持つ接頭辞は?

接頭辞 il4

 

・ilと同じような意味を持つ接頭辞には以下のようなものがあります。

 

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

・in

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

・un

・anti

 

その他の接頭辞

 

・その他の覚えておくと便利な接頭辞です。

 

sub (〝~の下〟〝副〟)

 

 

まとめ

 

・いかがだったでしょうか?接頭辞 il の理解は進みましたか?

 

・〝不〟〝非〟〝無〟の意味を持っている。

綴り〝l〟の前で使われる。

 

という2点を抑えておくと、綴りも覚えやすくなりボキャブラリービルディングの手掛かりになると思います。

 

接頭辞 il

接頭辞 ir 綴りとの関係をたったの2分で理解しよう!

接頭辞 ir 綴りとの関係をたったの2分で理解しよう!

 

前回の〝接頭辞 im〟 は綴りとの関連性が強いのが特徴でした。規則性を理解する事で英単語を増やすのがラクになったはずです。

 

今回も同じ意味を持ち、綴りとの関連性がある〝接頭辞 ir〟 についてお伝えしたいと思います。

 

 

接頭辞 ir のポイント

接頭辞 ir2

 

・接頭辞 ir のポイントは以下になります。

 

接頭辞 ir はどのような意味を持つか?

接頭辞 ir と綴りとの関係 

接頭辞 ir を持つ英単語にはどのようなものがあるか?

 

 

接頭辞 ir の意味

 

・接頭辞 ir は〝無〟〝不〟〝非〟 の意味になります。

 

 

接頭辞 ir と綴りとの関係

 

・接頭辞 ir は綴りとの関係が強い接頭辞です。

 

〝r〟の前で使われます。

 

このルールを知っておくとかなり便利になります。

 

 

接頭辞 ir の付く英単語は?

接頭辞 ir3

 

・上で述べたように綴り〝r〟の前に置かれる形になるので数はかなり限られます。irを付けた形で英単語を覚えておくと、これを外した形の意味もほぼ自動的に解るので英単語学習を進める上で非常にお得です。

 

・irrational(不合理な)

・irrationality(不合理)

・irreconcilable(和解できない)

・irrecoverable(取り戻せない)

・irredeemable(買い戻せない)

・irreducible(削減できない)

・irrefutable(論破できない)

・irregular(不規則な)

・irregularity(不規則)

・irrelevant(無関係の)

・irrelevance(無関係)

・irreligion(無宗教)

・irremediable(不治の)

・irremovable(取り除けない)

・irreparable(修復できない)

・irreplaceable(取り換えられない)

・irrepressible(抑えられない)

・irresistible(抵抗できない)

・irresolute(決断力のない)

・irresponsible(無責任な)

・irretrievable(取り返しのつかない)

・irreverence(非礼・不敬)

・irreverent(不敬な)

・irreversible(裏返しできない)

・irrevocable(呼び戻しできない)

 

 

irと同じような意味を持つ接頭辞は?

接頭辞 ir4

 

・irと同じような意味を持つ接頭辞には以下のようなものがあります。

 

dis  (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

・in

・il

im  (〝無〟〝不〟〝非〟)

・im

・un

・anti

 

 

その他の接頭辞

・その他の覚えておくと便利な接頭辞です。

 

sub (〝~の下〟〝副〟)

 

 

まとめ

 

・いかがだったでしょうか?接頭辞 ir の理解は進みましたか? 

 

〝無〟〝不〟〝非〟の意味を持っている。

綴り〝r〟の前で使われる。 

 

というポイントを知っておくと、理解が進み英単語の綴りを覚えるのにも役立ちます。

 

接頭辞 ir

接頭辞 im 綴りとの関係を知って英単語を2倍に!

接頭辞 im 綴りとの関係を知って英単語を2倍に!

 

前回の接頭辞は 〝無〟〝不〟の意味を持つ dis でしたが、今回も同じ意味を持つ接頭辞です。

 

ですが、綴りとの関係が強くなる接頭辞ですので使える範囲が限られます。限定的なものですのでボキャビルを進める上で知っておくと大変便利です。

 

今回は接頭辞〝im〟についてお伝えしたいと思います。

 

 

接頭辞 im のポイント

接頭辞 im 2

 

・接頭辞 im のポイントは以下になります。

 

接頭辞 im はどのような意味を持つか?

接頭辞 im と綴りとの関係

接頭辞 im を持つ英単語にはどのようなものがあるか?

 

 

接頭辞 im の意味

 

 

・接頭辞 im は〝無〟〝不〟〝非〟 になります。

 

 

接頭辞 im と綴りとの関係

 

・接頭辞 im は綴りとの関係が強い接頭辞です。

 

b〟〝p〟〝m〟の前で使われます。

 

これを知っておくだけで、かなりラクになるはずです。

 

 

接頭辞 im の付く英単語は?

接頭辞 im 3

 

上術のように〝b〟〝m〟〝p〟の前に置かれるので英単語は数が絞られます。imの付いた形で英単語を覚えると、それを取り外した言葉も覚えたことになるので効率は2倍になります。

 

・imbalance(不均衡)

・immaterial(無形の)

・immature(未熟な)

・immedicable(不治の)

・immiscible(混合できない)

・immodest(下品な)

・immortal(不死の)

・immovable(動かせない)

・impalpable(容易に理解できない)

・impartial(偏らない)

・impassable(通行不能の)

・impatient(我慢できない)

・impeccable(罪を犯すことのない)

・impenetrable(突き通すことが出来ない)

・imperceptible(感知できない)

・imperishable(不滅の)

・impermanent(永続的でない)

・impermissible(容認できない)

・impersonal(非個人的な)

・impiety(不信心)

・impolite(無作法な)

・impossible(不可能な)

・impotent(無気力な)

・impractical(非現実的な)

・improper(ふさわしくない)

・improvident(先見の明のない)

・imprudent(不謹慎な)

 

 

im と同じような意味を持つ接頭辞は?

接頭辞 im 4

・imと同じような意味を持つ接頭辞には以下のようなものがあります。

 

dis

・in

・il

・ir

・un

・anti

 

その他の接頭辞

 

その他の覚えておくと役に立つ接頭辞です。

 

dis  (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

sub (〝~の下〟〝副〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?接頭辞 im の理解は進みましたか?

 

〝無〟〝不〟〝非〟の意味を持っている。

〝b〟〝m〟〝p〟の前で使われる。 

 

というポイントを理解しておくと語彙力拡大に役立つと思います。

 

 

接頭辞 im

接頭辞 dis の知っておくべき4つの意味

接頭辞 dis の知っておくべき4つの意味

 

ツイッター内の呟きをみていると「ディスられた」という表現にたまに出会います。この言葉の語源について調べてみると「〝disrespect=~を軽蔑する〟を由来とする説がある 」などと書かれています。

 

disrespectの〝接頭辞 dis〟 の部分だけが日本語内で使われている面白い言葉であると思います。

 

今回は『接頭辞 dis』の付く言葉についてまとめてみたいと思います。

 

接頭辞 dis のポイント

接頭辞 dis2

 

・接頭辞 dis のポイントは以下になります。

 

接頭辞 dis はどのような意味を持つか?

接頭辞 disが付く英単語にはどのような物があるか?

接頭辞 dis と同じような意味を持つ接頭辞は?

 

 

接頭辞 dis の意味

 

・接頭辞 dis は〝動詞に付く場合〟と〝形容詞や名詞に付く場合〟があります。

 

動詞に付いた場合は『分離』『反』などの意味を作ります。

形容詞や名詞に付いた場合は『無』『不』などの意味を作ります。

 

 

接頭辞 disが付く動詞は?

接頭辞 dis3

 

・接頭辞 dis が付く動詞には以下のようなものがあります。

 

・disable(~を出来なくさせる)

・disagree(意見が合わない)

・disappear(消失する)

・disappoint(~を失望させる)

・disapprove(~に不賛成である)

・disclose(~を発表する)

・discompose(~を失わさせる)

・discover(~を発見する)

・discredit(~を信用しない)

・disembark(~降りる)

・disintegrate(~をバラバラにする)

・dislocate(~を脱臼させる)

・dismount(~降りる)

・disobey(~に従わない)

・disorient(道に迷う)

・disregard(~に注意を払わない)

・dissatisfy(~に不満を持たせる)

・distrust(~を信用しない)

 

接頭辞 dis が付く形容詞は?

・接頭辞 dis が付く形容詞は以下のようなものがあります。

 

・disadvantaged(不利な)

・disagreeable(不愉快な)

・disconnected(切れ切れの)

・discordant(不協和の)

・disengaged(約束の無い)

・dishonest(不正直な)

 

接頭辞 dis が付く名詞は?

接頭辞 dis4

 

接頭辞 dis が名詞に付く場合 〝無〟〝不〟の意味を持ちますが、ほとんどが〝不〟になります。

 

・disablility(能力を欠く状態)

・disadvantage(不利)

・disaffection(不満)

・disagreement(不一致)

・disallowance(拒否)

・disapproval(不承認)

・disbelief(不信)

・discomfort(不快)

・discontent(不満)

・discontinuance(中止)

・discord(不一致)

・disease(病気)

・disfavor(不快)

・disgrace(不名誉)

・disharmony(不調和)

・dishonor(不名誉)

・disinfection(殺菌)

・disloyalty(不忠実)

・disorder(無秩序)

・disproportion(不釣り合い)

・dissatisfaction(不満足)

 

 

dis と同じような意味を持つ接頭辞は?

・disと同じような意味を持つ接頭辞には以下のようなものがあります。

 

・in

・il

・im

・un

・anti

 

その他の接頭辞

 

・その他の覚えておくと役に立つ接頭辞です。

 

sub(〝~の下〟〝副〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?接頭辞 dis の理解は進みましたか?

 

動詞の前に付く時は〝分離〟〝反〟の意味を持つ

名詞や形容詞の前に付く時は〝無〟〝不〟の意味を持つ  

 

というポイントを理解し知っている英単語と組み合わせてみると、英単語数がイッキに頭の中に増えると思います。

 

 

接頭辞 dis

接頭辞 sub を知って急速に英単語を増やそう!

接頭辞 sub を知って急速に英単語を増やそう!

 

地下鉄に乗りながらスマホでネット記事を読んでいると『サブカルチャー』=『下位文化』という言葉が目に飛び込んできました。

 

ふと語源について考えてみると・・・「接頭語のsubを使っているな。そういえば自分が今乗っている〝地下鉄〟=〝subway〟もやはりsubを使っているな~」と思いました。

 

回は『接頭語 sub』の付く言葉をまとめてみたいと思います。

 

接頭辞 sub のポイント

 

 

・接頭語 sub のポイントは以下になります。

 

接頭語 subはどのような意味を持つか?

subが付くよく耳にする英単語はどのような物があるか?

〝sub〟と同じような意味を持つ接頭辞にはどのようなものがあるか?

 

 

接頭辞 sub が使われているカタカナになっている英単語

接頭辞 sub2

 

『subがカタカナ語になっている英単語にはどのような物があるか?』と簡単に振り返ると、接頭辞subの意味が掴みやすくなり覚えやすくなります。

 

・subculture(サブカルチャー) →下位文化

・subway(サブウェイ)→地下鉄

・subtitle(サブタイトル)→副題

・subliminal(サブリミナル)→意識下の

 

 

接頭辞 sub の意味

接頭辞 sub3

 

接頭語 subは以下のような意味があります。

 

〝~の下に〟

〝副〟〝従〟

 

 

接頭辞 sub が『~の下』の意味で使われている英単語

接頭辞 sub が『~の下』の意味で使われている英単語には以下のようなものがあります。sub+〝 〟という構造になっているので案外覚えやすいと思います。

 

・subaqua(潜水の)

・subcommitee(小委員会)

・subcompact(小型自動車)

・subcontract(下請け)

・submarine(潜水艦)

・submerge(~を沈める)

・subscribe(定期購読する)

・subsoil(下層土)

・substructure(下部構造)

・subterranean(地下の)

・subtropical(亜熱帯の)

・subzero(氷点下)

 

接頭辞 sub が『副』や『従』の意味で使わている英単語

接頭辞 sub4

 

接頭語 sub が 『副』や『従』の意味で使われている英単語には以下のようなものがあります。

 

・subtitle(副題)

・subhead(小見出し)

・subdue(~を征服する)

・subordinate(部下)

・subsequently(それに続いて)

・substitute(~を代用する)

・suburb(郊外)

 

subと同じような意味を持つ接頭辞は?

 

「sub=〝~の下〟」と同じような意味を持つ接頭辞には以下もあります。

 

・under

 

その他の接頭辞

 

・そのほかの覚えておくと便利な接頭辞です。

 

dis  (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

im   (〝無〟〝不〟〝非〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか? 接頭辞 sub の理解は進みましたか?

 

subがカタカナ語で使われているものにはどのような物があるか?

接頭辞subの幾つかの意味を理解しそこから英単語を拡げる。 

 

と英単語を案外ラクに増やせ、記憶に残りやすくなると思います。

 

接頭辞 sub1