同格 thatを基礎からラクラク理解しよう!

同格 that を基礎からラクラク理解しよう!

 

英文を読んでいると様々なthatが出てきます。これらを正確に識別出来なければ、正確な文章構造把握が出来ません。結果として、英文の意味を取り違えてしまう可能性が上がります。ですから、正確に認識できる必要があります。

 

以前 that 使い方 というページで様々なthatについてのお伝えしましたが、今回のその中の同格のthatについて掘り下げたいと思います。

 

 

同格 that が解ると以下の問題が出来るようになります。

同格 that2

 

以下の英文のthatの識別(同格 関係代名詞 接続詞)をしてみて下さい。理由も考えてみて下さい。

 

1.Do you know that he came here yesterday?

2.She conceals the fact that she hit the jackpot.

3.I didn’t imagine that he would be in such a place.

4.I believe in the possibility that he will win the election.

5.Everyone that I told the news to had the same reaction.

6.The man that stole my car was arrested.

7.I had no idea that I would one day became an English teacher.

 

 

同格 that のポイント

 

 

同格 that と似ているthatについて識別が出来るようになる。

どのような名詞と共に同格のthatが使えるのか?理解する。

 

 

同格 thatと接続詞 thatの違いは?

同格 that3

 

・同格のthatと接続詞 thatの違いは以下のようになります。

 

1.I think that he is a student.

(私は彼が学生であると思います。)

 

2.I heard the news that he passed away last night.

(私は彼が昨夜亡くなったという知らせを聞きました。)

 

1番のthatは接続詞のthatです。2番は同格 that です。1番の前には動詞が来ています。一方で2番の場合は名詞が来ています。

 

接続詞 that と同格 thatの違いは、thatの前に名詞が来るかどうか?ということです。

 

※接続詞 that について更に詳細を知りたい方は・・

接続詞 that 名詞節はコレでスッキリ! を参照してみて下さい。

 

 

同格のthatと関係代名詞thatとの違いは?

同格 that4

 

同格のthatと関係代名詞 thatの違いは以下のようになります。

 

1.  I know the student that lives with them.(私は彼らと一緒に住んでいるその学生を知っている。)

2.  I didn’t know the fact that she was very depressed. (私は彼女が非常に落ち込んでいるという事実を知らなかった。)

 

1番の that は関係代名詞(主格)になります。

※関係代名詞 主格について詳細を知りたい方は・・

⇒ 関係代名詞 主格 基礎からマスターしよう! を参照してみて下さい。

 

2番は同格の that になります。関係代名詞 that と 同格 thatの違いを見分けるためには、that以下の文章構造がポイントになります。

 

関係代名詞 that の場合は、例えば上記1番の文の場合に見られるように、that以下の英文が不完全な構造になります。1番の場合は主語がありません。

 

一方、同格のthatの場合はthat以下に完全な文章が来ています。完全 or 不完全というのは、that以下の英文を取り出した時に、それだけで意味が成立する文章かどうか?と言う意味です。2番の文章の場合〝she was very depressed.〟だけで意味が成立する英文になっています。

 

『関係代名詞 thatは目的格の場合はどうなのだろう?』と思う方もいると思うので、その例も以下に記したいと思います。

 

3. I know the student that she met yesterday. 

 

3番の文ではやはり、that以下が不完全な構造です。metは(~に会った)他動詞ですので、目的語が必要になります。

 

この文章の場合metに対する目的語がありません。ですから、不完全な文章と言うことになります。関係代名詞目的格のthatの場合でもthat以下は不完全な文章構造になる ということが明らかです。

 

説明が長くなりましたが、同格のthatと関係代名詞thatの違いのポイントをもう一度まとめます。

 

同格 that は that以下の文章が完全なもの。

関係代名詞 that はthat以下の文章が不完全なもの。

となります。

 

蛇足ですが、関係代名詞目的格の文において、不完全な文章構造であるのにも関わわらず、完全な文章構造に思えてしまう場合の原因の一つに自動詞 他動詞 の理解が不足している場合も多いです。ですから、この部分における知識を増やすことも重要になります。

 

※関係代名詞 目的格について詳細を知りたい方は・・

関係代名詞 目的格理解は本当に大丈夫ですか? を参照してみて下さい。

 

※自動詞 他動詞 について詳細を知りたい方は・・ 

自動詞 他動詞 見分け方 もう悩まないで! を参照してみて下さい。

 

 

同格 that を使える名詞

 

同格のthatを使える名詞は抽象名詞ですが、どのようなジャンルの抽象名詞か?を大まかにでも抑えた方が記憶に残りやすいです。私は以下のように頭の中で分類しています。

 

<情報系>

・information(情報) ・knowledge(知識)・news(ニュース)・report(報告) ・rumor(噂)・sign(合図)

 

<考え系>

・belief(信念) ・concept(概念)・dought(疑い)・feeling(感情)

・idea(考え) ・impression(印象) ・ground(立場) ・opinion(意見)

・thought(考え)・view(意見)

 

<夢系>

・dream(夢) ・hope(希望)

 

<機会系>

・chance(機会)・danger(危険) ・possibility(可能性)

・probability(可能性)risk(危険性)

 

<事実系>

・evidence(証拠)・fact (事実) ・proof(証拠) ・truth(真実)

 

 

冒頭の問題解説

同格 that5

 

 

冒頭の問題の解説です。

 

1番の問題『Do you know that he came here yesterday?』

(あなたは彼が昨日ここへ来たのを知っていますか?)

・thatは接続詞になります。that以下の文が完全です。また同格のthatとは違いthatの前に名詞がありません。

 

2番の問題『She conceals the fact that she hit the jackpot.

(彼女は宝くじで大当たりしたことを隠している。)

・thatは同格のthatになります。thatの前に名詞があり、that以下は完全な文になっています。

 

3番の問題『I didn’t imagine that he would be in such a place.

(私は彼がそのような場所にいるだろうと想像しなかった。)

・thatは接続詞のthatになります。that以下の文が完全です。また同格のthatとは違いthatの前に名詞がありません。

 

4番の問題『I believe in the possibility that he will win the election.

(私は彼が選挙で勝つ可能性を信じている。)

・thatは同格のthatになります。thatの前に名詞があり、that以下は完全な文になっています。

 

5番の問題『Everyone that I told the news to had the same reaction.

(私がそのニュースを伝えた皆は同じ反応をした。)

・thatは関係代名詞 目的格のthatです。that以下は不完全な文章構造です。toの後ろに目的語が必要です。

 

6番の問題『The man that stole my car was arrested.

(私の車を盗んだその男は逮捕された。)

・thatは関係代名詞主格です。 that以下は不完全な文章構造です。thatの後ろの文に主語がありません。

 

7番の問題『I had no idea that I would one day became an English teacher.

(私がある日英語の先生になるだろうとは考えもしなかった。)

・thatは同格のthatになります。thatの前に名詞があり、that以下は完全な文になっています。

 

 

重要文法用語まとめ

 

・同格 that

接続詞 that

関係代名詞 主格

関係代名詞 目的格

自動詞 他動詞

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか? 

 

同格、接続詞、関係代名詞のthat見た目は同じものでも、それぞれ違った特徴を持っています。

 

英文を読みながらthatに遭遇した時にはthatの分析を根拠を考えながら練習していくと、着実に理解が進むはずです。

 

 

同格 that1

関係副詞 関係代名詞との違いが判る男になろう!

関係副詞 関係代名詞との違いが判る男になろう!

 

以前、関係代名詞 主格  所有格  目的格 について学びました。関係代名詞を学んだ後で、関係副詞を学ぶと違いが分からなくなり混乱してしまうことがあります。

 

例えば、TOEICや英検の文法問題集などで、以下のような問題に取り組んでいる時に間違いをしがちです。

 

問題:This is the place(       )she visited last week.

A:which

B:where

C:in where

D:in that 

 

正解はA:whichで関係代名詞 目的格を選ぶことになりますが「先行詞に場所を表す言葉がある時にはwhereではないのか?」と思う方もいると思います。

 

関係副詞と関係代名詞の違いが解ると上記の問題でも納得しながら答えることが出来るようになります。

 

 

関係副詞が理解出来ると以下のような問題が出来るようになります!

関係副詞 関係代名詞違い2

・以下の日本語を英語にしてみて下さい。

 

1.私は彼女が笑い出した理由がわかりません。

2.これは私がケーキを焼いた方法です。

3.札幌は2月に雪まつりが開かれる市です。

4.水曜日は学生が早く帰宅する日です。

 

 

関係副詞のポイント

関係副詞 関係代名詞違い3

 

・関係副詞のポイントは以下になります。

 

関係副詞の種類を覚える。

関係副詞と関係代名詞の違いを理解する。

 

 

関係副詞の種類

関係副詞 関係代名詞違い4

 

・関係副詞には以下のようなものがあります。

 

when: 先行詞に〝時間〟を表す言葉がある時に使います。

Friday is the day when we eat curry.

 

where: 先行詞に〝場所〟を表す言葉がある時に使います。

・This is the school where he teaches English.

 

why: 先行詞に〝理由〟を表す言葉がある時に使います。

・He didn’t tell me the reason why he looks sad.

・動詞 look は第2文型 SVCで使われています。

 

how: 先行詞に〝方法〟を表す言葉がある時に使うという考え方ですが、the way は省略されます。

That is how he cleaned this room.

 

 

関係副詞と関係代名詞の違い

関係副詞 関係代名詞違い5

 

関係副詞と関係代名詞の違いは文章構造の違いです。

 

1.I don’t know the town where Ken was born.

2.I don’t know the town which Ken was born in.

 (私はケンが生まれた街を知りません。) 

 

1番目の文章では文章分けた時に2つの完全な文章になります。

 

・I don’t know the town.

・Ken was born. 

 

これだけでは関係副詞を選ぶ理由がわからないので、いまいち納得できない・・・という方もいるかと思います。実はこの文章は元々以下のような形でした。

 

・I don’t know the town.

・Ken was born in the town.  

 

〝in the town〟を削り、代わりに関係副詞 where を使います。 in the town は 〝その街で〟という意味で副詞の働きをするフレーズ(=副詞句)です。ですから関係副詞を使うことになります。 

 

関係副詞 関係代名詞違い6

 

2番目の文章で関係代名詞 which を使わなければいけないのは

Ken was born in___. とinの後ろの部分が不完全な形となっているためです。関係代名詞の文は元々2つの文章を組み合わせる際に、重複する部分を削るというプロセスがあります。

 

I don’t know the town which Ken was born in. という文の場合、元々・・・

・I don’t know the town.

 

・Ken was born in the town.という文で、townの部分が重複しているので削り、前置詞の目的語となっており、重複した部分が物を表す言葉であるため、目的格のwhichを使つという形になっています。削った部分が名詞であるため関係代名詞を選択する必要があります。

 

 

冒頭の問題がありましたが・・・

 

This is the place(       )she visited last week.

A:which

B:where

C:in where

D:in that 

 

で正解がAの関係代名詞 目的格になるのは、後ろの文が不完全な構造になっているためです。動詞 visit は他動詞で〝~を訪れる〟 ですから目的語が必要になります。

→ 自動詞 他動詞 見分け方 もう悩まないで!

 

 

冒頭の問題解説

関係副詞 関係代名詞違い7

 

・冒頭の問題解説です。

 

・1番の問題〝私は彼女が笑い出した理由がわかりません。〟ですが・・・

・答えは『I don’t know the reason why she bursted into laughter.』になります。

・先行詞が理由を表す言葉ですので、関係副詞 why を使います。

・burst into laughter は「笑い出す」という意味なので覚えましょう。

 

 

・2番の問題〝これは私がケーキを焼いた方法です。〟ですが・・・

・答えは『This is how I baked the cake.』になります。

・関係副詞 why の場合は先行詞を省略した形で 使います。

 

関係副詞 関係代名詞違い9

 

・3番の問題〝札幌は2月に雪まつりが開かれる市です。〟ですが・・・

・答えは『Sapporo is the city where snow festival is held in February.』になります。

・先行詞が場所を表す言葉ですので、関係副詞 where を使います。

 

 

・4番の問題〝水曜日は学生が早く帰宅する日です。〟ですが・・・

・答えは『Wednesday is the day when students go home early.』になります。

・先行詞が時間を表す言葉ですので、関係副詞 when を使います。

 

 

 

重要文法用語まとめ

 

・関係代名詞

・関係副詞

・先行詞

 

まとめ

関係副詞 関係代名詞違い8

 

関係副詞の使い方の理解が進み、関係代名詞との違いは明確になりましたか?

 

関係代名詞は後ろの文章が不完全な構造である。

関係副詞は後ろの文章が完全な構造である。

 

というところが非常に重要になります。この部分だけは必ず覚えておきましょう!

 

 

関係副詞 関係代名詞違い1

関係代名詞 what 使い方が3つのポイントで解かる!

関係代名詞 what 使い方が3つのポイントで解かる!

 

これまで 関係代名詞 主格 所有格 目的格 についてお伝えしました。

 

これら3つに関する共通のポイントは、2つの文章を1つにする際、重複部分を削り代わりに関係代名詞で補う というところでした。

 

本日は関係代名詞 what についてです。

 

 

関係代名詞 what が解ると以下のような問題が解ります!

関係代名詞 what2

 

・以下の日本語を英訳してみて下さい!

 

1.彼が言ったことは興味深かった。

2.私は彼女が見たものを知っている。

3.先生は彼らがしなければならないことを伝えた。

4.彼女がしなければならない事は毎日英語を勉強することだ。

5.私は彼女が見たものに興味はありません。

 

 

関係代名詞 what のポイント

関係代名詞 what3

 

・関係代名詞 what のポイントは以下になります。

 

関係代名詞whatを言い換えると何になるか?覚える。

関係代名詞whatは文章のどの位置で使えるか?

関係代名詞whatとその他の関係代名詞との違いは何か?を理解する。

 

 

関係代名詞 what の言い換えを覚える。

関係代名詞 what4

 

 

関係代名詞 whatは言い換えると以下のようになります。 

 

関係代名詞 what = the thing which 

 

関係代名詞 what は日本語に訳すと「~なもの」「~なこと」となります。ですから、名詞としての働きをすることになります。

 

以下のような例文をみると、より具体的にイメージし易いと思います。

 

What I saw was surprising.

(私が見たものは驚きでした。)

 

関係代名詞 what5

 

・I don’t know what he said.

(私は彼が言ったことを知りません。)

 

 

関係代名詞 what を使える位置

関係代名詞 what6

 

 

関係代名詞 what は上述したように 名詞の働きをする表現です。

 

名詞の働きをする表現である という事は、文中の名詞を配置できる位置で使えるということになります。

つまり以下で使えることになります。

 

主語

目的語

補語

前置詞の目的語  

 

以下の what I said という表現が入った部分に注目して下さい。

 

What I said is not true. 

(私が言ったことは本当ではありません。) 

 

・She doesn’t know what I said.

(彼女は私が言ったことを知りません。)

 

・This is what I said.

(これが私の言ったことです。)

 

・He is not interested in what I said.

(彼は私が言ったことに興味がありません。) 

 

関係代名詞 what10

 

 

それぞれ、主語、目的語、補語、前置詞の目的語で使われています。

 

ですから・・・・ 

 

動名詞

不定詞の名詞的用法

接続詞 that 名詞節 

if whether 

 

などと同じ位置で使えるということになります。

 

 

関係代名詞 what  that との違いは?

関係代名詞 what7

 

『関係代名詞 what と thatの違いは何ですか?』と尋ねられることがあります。

 

〝この2つの違いは何か?〟と言うと・・・・ 

 

それは・・・以下の表を見て分かるように〝whatは関係代名詞の表に載っていない〟ということです。(笑)

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

 

〝では何故載っていないのでしょうか?〟

 

それは・・・

 

表に載っている関係代名詞は必ず先行詞があるのに対し、関係代名詞whatは先行詞をそれ自体に含んでしまっているから〟という事になります。

 

関係代名詞 what = the thing which なので、whichの直前に先行詞がある状態になっています。

 

 

冒頭の問題解説

関係代名詞 what8

 

・冒頭の問題の解説です。

 

・1番の問題「彼が言ったことは興味深かった。」ですが・・

 

答えは〝What he said was interesting.〟になります。

→主語の位置で関係代名詞 whatを使っています。

 

 

・2番の問題「私は彼女が見たものを知っている。」ですが・・

 

答えは〝I know what she saw.〟になります。

→目的語の位置で関係代名詞 whatを使っています。

 

 

・3番の問題「先生は彼らがしなければならないことを伝えた。」ですが・・

 

答えは〝The teacher told them what they have to do.〟になります。

→目的語の位置で関係代名詞 whatを使っています。

・tell は SVOO型動詞(= 動詞+人+物) という配列で使える動詞です。

 

 

・4番の問題「彼女がしなければならない事は毎日英語を勉強することだ。」ですが・・

 

答えは〝What she has to do is to study English every day. 〟になります。

→主語の位置で関係代名詞 whatを使っています。

 

 

・5番の問題「私は彼女が見たものに興味はありません。」ですが・・

 

答えは〝I am not interested in what she saw.〟になります。

→前置詞の目的語の位置で関係代名詞 whatを使っています。

 

 

重要文法用語まとめ

 

・先行詞

・関係代名詞

・関係代名詞 what

 

まとめ

関係代名詞 what9

 

いかがだったでしょうか?関係代名詞 what と その他の関係代名詞 の違いは明確になったでしょうか? 

 

関係代名詞 what のポイントは・・ ・ 

 

その他の表に載っている関係代名詞と違い先行詞を含んでいる。

名詞と同じ考え方で使える表現である。 

 

という事になります。 

 

関係代名詞 what1

関係代名詞 所有格 whose を自由自在に!

関係代名詞 所有格 whose を自由自在に!

 

前回までに 関係代名詞 主格関係代名詞 目的格 について説明してきました。今回は 関係代名詞 の所有格です。

 

「どうして関係代名詞を使うのか?」という理由が解かると、今回の関係代名詞 所有格の理解もスムーズに進むと思います。

  

 

関係代名詞 所有格が解かると以下の問題が出来るようになります!

関係代名詞 所有格2

 

・以下の日本語を英訳してみて下さい。

 

1.私はトムという名前の猫を飼っている。

2.山登りが趣味のその女性はとても痩せて見えます。

3.彼女には父親がスペイン語教師の友人がいる。

4.あなたは屋根が黄色の家が見えますか?

 

 

関係代名詞 所有格のポイント

関係代名詞 所有格3

 

・関係代名詞 所有格 攻略のポイントは以下になります。

 

 

英語の修飾に関する共通ルールを理解する。

関係代名詞の表をシッカリ覚える。

→関係代名詞の原理が理解出来ても、表を覚えていなければ正しく使えない。

 

関係代名詞 所有格 whose を使う理由を理解する。

 

 

関係代名詞の表を今一度確認!

 

・今一度、関係代名詞の表をシッカリ覚えてみましょう!これを覚えなければ何も始まりません!

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

 

 

英語全般の修飾ルールについて再確認

関係代名詞 所有格4

 

これまでお伝えしてきたように、英語の修飾(=説明)には共通したルールがあります。

 

修飾語句が短い時(=1語の時)は前に置き、修飾語句が長い時(=2語以上の時)は後ろに置くというルールです。

(※さらに修飾関の詳細について知りたい方は〝英語の修飾全般の共通ルールとは?〟を参照してみて下さい。)

 

関係代名詞 所有格 も例外ではありません。

 

所有格の場合も、先行詞(=関係代名詞の前に置き、関係代名詞以下により詳しく説明される部分)が人の場合、物の場合2つのケースがありますが、関係代名詞以下の長々した部分が先行詞を説明しています。

 

以下に人の場合、物の場合、それぞれ説明していきたいと思います。

 

 

関係代名詞 所有格 人の場合

関係代名詞 所有格5

 

関係代名詞 主格、目的格のところで述べてきたように、関係代名詞は2つの文章を組み合わせ、組み合わせる際に重複した部分を削るというプロセスがあります。

 

今回の所有格 人の場合も同じです。例えば、以下のような形になります。

 

・I know the lady.

・The lady’s hobby is climbing.

 

という2つの文があり、これを組み合わせ・・・・

 

・I know the lady whose hobby is climbing.

(私は趣味が山登りのその女性を知っています。)

 

関係代名詞 所有格6

 

 

という文にしています。2つの文章を組み合わせる際の手順は以下になります。

 

2つの文のどちらを骨格(=基盤)にするか?

説明で使う文のなかの重複部分を削る。

削った部分が文章のどの部分か?理解し、削った部分の代わりに関係代名詞で補う。

 

 

上記の〝I know the lady whose hobby is climbing.〟 という文は・・・

 

・ I know  the lady.を骨格としています。

・The lady’s hobby is climbing.を説明として使い、重複部分 the lady’sの部分を削ります。

 The lady’s hobby is climbing.

・削った部分が文章の中で ’s =~の という所有を表す言葉となっており人になっています。

 

の時に使える関係代名詞は以下の表のように who whose whom that that です。

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

削った部分の代わりに関係代名詞 所有格を補い・・・・

・I know the lady whose hobby is climbing. となります。

 

 

関係代名詞 所有格 物の場合

関係代名詞 所有格7

 

所有格 物の場合も同じです。例えば、以下のような形になります。

 

・I know the house.

・The house’s roof is green.

 

という2つの文があり、これを組み合わせ・・・・

 

・I know the house whose roof is green.

(私は屋根が緑色の家を知っています。)

 

関係代名詞 所有格8

 

 

という文にしています。

 

2つの文章を組み合わせる際の手順は以下でした。

 

2つの文のどちらを骨格(=基盤)にするか?

説明で使う文のなかの重複部分を削る。

削った部分が文章のどの部分か?理解し、削った部分の代わりに関係代名詞で補う。

 

上記I know the house whose roof is green. という文は・・・

 

I know the house. を骨格としています。

・The house’s roof is green.を説明として使い、重複部分 の部分を削ります。

(→The house’s roof is green.)

・削った部分が文章の中で ’s =~の という所有を表す言葉となっており物になっています。

 

物の時に使える関係代名詞は以下の表のように which whose which that that です。

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

削った部分の代わりに関係代名詞 所有格を補い・・・・

・I know the house whose roof is green. という形にしています。

 

 

関係代名詞 whose を使いこなすために

 

関係代名詞 whoseを使いこなせるようにするために、以下のような英文の続きを完成させていく作業を大量にすることで自在に文章が作れるようになります。

 

・I know the man whose・・・

・The girl whose ・・・

 

 

関係代名詞 所有格11

 

 

I know the man whose name is Taro.

I know the man whose hobby is swimming.

I know the man whose house is very old.

 

The girl whose father is a carpenter is very cute.

The girl whose name is Suzu is very popular now.

The girl whose dog is big is very tall.

 

 

 

冒頭の問題の解説

関係代名詞 所有格9

 

・冒頭の問題の解説です。

 

1番の問題「私はトムという名前の猫を飼っている。」ですが・・

答えは:I have a cat whose name is Tom.になります。

先行詞が猫なので、物扱いになります。

 

2番の問題「山登りが趣味のその女性はとても痩せてみえます。」ですが・・

答えは:The lady whose hobby is climbing looks very thin.

・先行詞がladyで人です。

・climingは動名詞になっています。

・look thin のlookは第2文型の形を使っています。

 

3番の問題「彼女には父親がスペイン語教師の友人がいる。」ですが・・

答えは:She has a friend whose father is Spanish teacher.です。

先行詞は友人なので人です。

 

4番の問題「あなたは屋根が黄色の家が見えますか?」ですが・・

答えは:Can you see the house whose roof is yellow?

先行詞は屋根なので物です。

 

 

重要文法用語のまとめ

 

関係代名詞 主格

関係代名詞 目的格

・先行詞

・所有格

 

まとめ

関係代名詞 所有格10

 

いかがだったでしょうか?関係代名詞 所有格 の whose をどうして使うのか?理解できたでしょうか?

 

関係代名詞の表を覚える。

2つの文を組み合わせ方を理解する。 

 

という2つをもう一度明確にしスムーズに攻略しましょう!

 

 

関係代名詞 所有格1

関係代名詞 目的格 理解は本当に大丈夫ですか?

関係代名詞 目的格 理解は本当に大丈夫ですか?

 

前回は 関係代名詞 主格 でした。

 

〝なぜ主格を使うのか?を文構造の観点から理解することが重要〟でした。今回もやはり、前回のように文章構造を理解することが非常に重要になります。

 

今回は 関係代名詞 目的格 について解説します。

 

 

関係代名詞 目的格が解ると以下の問題が出来るようになります。

関係代名詞 目的格2

 

・以下の日本語を英訳してみて下さい。

 

1.彼女は私が一番好きな女優です。

2.これは彼女が昨年買った家です。

3.私が知っているその女性は嘘つきだ。

4.彼が作ったカレーはまずかった。

 

 

関係代名詞 目的格 のポイント

関係代名詞 目的格3

 

・関係代名詞 目的格のポイントは以下になります。

 

英語の修飾に関する共通ルールを抑える。

英語の修飾全般 共通ルールとは?

 

関係代名詞の表を覚える。

関係代名詞 目的格 whom which thatを使う理由を理解する。

 

 

関係代名詞の表はシッカリ覚えている?

関係代名詞 目的格4

 

関係代名詞の原理が理解出来ても、基本的な知識を覚えていなければ、正確に関係代名詞を使った文章を作ることは出来ません。

 

ですから、まず以下の表は必ず覚えましょう!

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

 

表を覚えたら、関係代名詞 目的格の使い方について理解するだけです。以下で述べたいと思います。

 

関係代名詞 目的格 人の場合

関係代名詞 目的格5

 

〝I know the man (      ) he respects.〟の様な文法問題の解説を塾などでは『先行詞が人を表す言葉で、(   )以降の文章構造が、主語+動詞 という文章構造になっている時には関係代名詞 whomかthatを使いなさい』などと指導するケースもありますが、文章の構造の観点から考えていくと、より明確に考えられるようになります。

 

関係代名詞は2つの文章を組み合わせた形です。

 

関係代名詞主格のところでも述べたことですが、2つの文章を組み合わせる際、重複する部分を削ります。今回の目的格 人の場合は以下のような形になります。

 

・I know the girl.

・Ken likes the girl.

 

という2つの文章があり・・・・  これを1つにして・・・

 

・I know the girl whom Ken likes.

(私はケンが好きな女の子を知っています。)

 

関係代名詞 目的格9

 

となります。2つの文章を組み合わせる際の手順は以下になります。

 

2つの文のどちらを骨格(=土台)とするか?

説明で使う文の中の、骨格の文と重複する部分を削る。

削った部分が文章の中のどの位置であるか?を理解し、関係代名詞を補う。

 

記の完成した文は・・・・

 

〝I know the girl.という文章を骨格〟とし、この文の中のthe girlを説明する(=先行詞 the girl)ために・・・ 

 

〝Ken likes the girl.という文を説明〟で使っています。説明で使う文の中の骨格の文と重複している部分を削る形となるので・・・

 

Ken likes the girl. という形になります。削った部分が人を表す言葉で目的語になっています。削った部分の代わりに関係代名詞を配置するのですが・・・・

 

人の時に使える関係代名詞は以下の表のように・・・・who whose whom that that になります。

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

 

そして削った部分が目的語ですので・・・ 詳しく説明される言葉(=先行詞)the girl の直後に関係代名詞を配置し・・・

 

 

・I know the girl whom(=that) Ken likes. という形になります。

 

関係代名詞 目的格 物の場合

関係代名詞 目的格6

 

目的格 人の場合が解れば、目的格 物 の場合もスグに解ります! 

 

以下のような2つの文を繋いだ形が目的格 物の場合です。

 

・I know the dog.

・He bought the dog yesterday.

 

I know the dog 〟を骨格とし〝He bought the dog yesterday〟を説明で使うとします。骨格の文と、説明の文の中の重複している部分を見つけ、説明の方の重複部分を削る形なので、以下のようになります。

 

関係代名詞 目的格10

 

・He bought the dog yesterday.

 

骨格の文章と組み合わせるためには、削った部分の代わりに関係代名詞を使います。

 

削った部分は物です。物の時に使える関係代名詞は以下の表のように・・・which whose which that that になります。

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

さらに、削った部分は目的語であるので使える関係代名詞は・・・・ which that になります。

 

骨格の文章 I know the dog. の the dog 部分を説明するような形で文章を配置するので・・・ the dogの直後の説明で使う文章を配置します。

 

・I know the dog(←)he bought yesterday. 関係代名詞を配置すると・・・・

 

・I know the dog which (=that)he bought yesterday.  

 

となります。

 

関係代名詞 目的格 の英作が出来るようになるには?

 

2つの文を組み合わせで 関係代名詞 目的格 を作れる という事は解かったけれど、実際に英作文や英会話の時に関係代名詞 目的格を瞬時に駆使しながら、応用することが出来ない・・・ というケースもあると思います。

 

そのような場合には、以下のように練習してみると、応用力が付きます。

 

・I know the man whom(=that)

・The man whom(=that)

 

のような文章の一部を用意し、関係代名詞 目的格より後ろをドンドン練習する方法です。

 

1.I know the man whom(=that) she likes. 

2.I know the man whom(=that) he really adores.

3.The man whom(=that) she saw yesterday was very tall.

4.The man whom(=that) they respect is very popular among teenagers. などといった形です。

 

練習をする際、関係代名詞に慣れていない方は〝自分が作った文章が本当に正しいのだろうか?〟と思う方もいるかもしれません。

 

その際は〝文章を2つに分け、文章が成立するかどうか?〟と考えてみると良いでしょう。

例えば、1番 I know the man whom(=that) she likes. の場合・・・

 

・I know the man.

・She likes the man.

 

という形に分解することが可能です。(= She likes the man.  の目的語部分を削り、目的語部分が人であるので関係代名詞 whom か that を選択することになります。)

 

冒頭の問題解説

関係代名詞 目的格7

 

冒頭の問題の解説です。

 

1番の問題「彼女は私が一番好きな女優です。」ですが・・・ 

・答えは「She is the actress whom(=that)I like the best.」になります。

 

She is the actress. が骨格の文です。

・I like the actress the best.の the actress が重複しているので、省略し削った部分が人であり、目的語になっています。

 

 

2番の問題「これは彼女が昨年買った家です。」ですが

・答えは「This is the house which(=that) she bought last year.」になります。

 

・This is the house.が骨格の文です。

・She bought the house.の the house が重複しているので、省略し削った部分が物であり、目的語になっています。

 

 

3番の問題「私が知っているその女性は嘘つきだ。」ですが・・・

・答えは「The lady whom(=that)I know is a liar.」になります。

 

・The lady is a liar.が骨格の文です。

・I know the lady. のthe ladyが重複しているので、省略し削った部分が人であり、目的語になっています。

 

 

4番の問題「彼が作ったカレーはまずかった。」ですが・・・・

・答えは「The curry which(=that)he cooked tasted bad.」になります。

 

・The curry tasted bad.が骨格の文です。

・He cooked the curry.   のcurryが重複しているので、省略し削った部分がものであり、目的語になっています。

・動詞 taste は第2文型 SVC で使われています。

 

 

重要文法用語まとめ

 

関係代名詞 主格

・関係代名詞 目的格

・先行詞

 

 

まとめ

関係代名詞 目的格8

 

 

英語において、説明が長々とした場合はその説明を後ろに配置するのが共通のルールです。関係代名詞も同じように説明が長くなるので後ろに配置しています。

 

関係代名詞を を素早く攻略するためには・・・

 

関係代名詞の表をシッカリ覚える。

文章構造の理解が重要になります。

 

目的格を使う理由は文章の中の目的語の部分を削るためです。理屈を理解しないで、なんとなく丸暗記して〝that にしとけばおそらく正解だろう〟とすると、後々必ず問題が起きるので、理解し納得できるまで何度も読んで考えてみて下さい。

 

関係代名詞 目的格1

関係代名詞 主格 基礎からマスターしよう!

関係代名詞 主格 基礎からマスターしよう!

 

英文を読んでいると、単語を説明する(=修飾する)働きを持つ文法項目が出てきます。今回の「関係代名詞」も修飾する働きを持つ文法事項です。

 

今回は沢山ある関係代名詞の中の「主格」についてですが、中学生が塾などで関係代名詞を学習すると・・・ 

 

〝I know the man(    ) lives in Sapporo.〟 などという穴埋め問題が出てきて・・・以下のような説明を受けた方もいるかもしれません。

 

〝( )の前に人が来ていて(  )の後ろに動詞があれば「who」を入れなさい〟

 

説明は間違っていませんが、これだけを覚えていても、問題に正解できるだけであり、関係代名詞を使う理由の本質を理解した事にはなりません。

 

本質を理解すれば、上記説明の意味も解ります。また英文を理解しながら作ることが出来るので、英作文、スピーキング力向上にも繋がります。是非納得いくまで説明を読み考えてみて下さい!

 

 

関係代名詞 主格が解ると以下の問題が出来るようになります。

関係代名詞 主格2

 

・以下の日本語を英訳してみて下さい。

 

1.公園で踊っている人達を知っていますか?

2.先週開店したレストランは人気があります

3.彼女にはチョコレートを食べるのが好きな友達がいます。

4.雪で覆われた山が見えますか?

 

 

関係代名詞 主格 のポイント

関係代名詞 主格3

 

・関係代名詞 主格 のポイントは以下になります。

 

英語の修飾に関する共通ルールを抑える。

関係代名詞の表をシッカリ覚える!

関係代名詞の主格 who  which that を使う理由を理解する。

 

 

英語の修飾全般の共通ルールとは?

関係代名詞 主格4

 

関係代名詞に関して説明する前に、英語全般の修飾に関するルールについて、まずお伝えしたいと思います。その方が、関係代名詞の働きがより鮮明に理解出来るからです。

 

英語の世界では、以下のような共通ルールがあります。

 

説明が短い場合(=1語の時)は前に置き、説明が長い場合(=2語以上)は後ろに置く 

 

1. I have a black car.

2.Look at the running man.

3.Look at the broken car.

4. Do you have time to study English?

5. Look at the man running on the road.

6. Look at the car broken by Tom. 

 

上記6つの文ですが・・・

 

・1~3番の文は説明が短い場合です。

・4~6番の文は説明が長い場合です。 

 

簡単に解説すると・・・

 

1番では形容詞blackが単独で使われており、前からcarを説明しています。

 

関係代名詞 主格11

 

 

2番では現在分詞 runningが単独で〝走っている〟という意味で使われており前からmanを説明しています。

 

現在分詞の形容詞パターンがコレで見えた!

 

3番では過去分詞 brokenが単独で〝壊れている〟という意味で使われており前からcarを説明しています。

 

過去分詞の形容詞パターンを高速で理解しよう!

 

関係代名詞 主格13

 

 

4番では不定詞 が2語以上になり〝英語を勉強するための〟という意味で使われており後ろからtimeを説明しています。

 

不定詞の形容詞的用法が分かったよ!

 

 

5番では現在分詞が2語以上になり〝道路を走っている〟という意味で使われており後ろからmanを説明しています。

 

関係代名詞 主格12

 

 

6番では過去分詞が2語以上になり〝トムによって壊された〟という意味で使われており後ろからcarを説明しています

 

このように英語の修飾には、説明が1語の場合は前から、2語以上の場合は後ろから修飾するという共通性があります。

 

今回の関係代名詞は、2語以上ですので、後ろに配置し前の名詞を説明することになります。

 

 

 

関係代名詞の表

 

関係代名詞の原理を理解できたのに、英検やTOEICの問題で正解できない方の中には、〝必ず覚えなければならない関係代名詞の表を覚えていないから正解できない〟というケースがたまにあります。また英会話などで使う場合も同じです。覚えていなければ、素早く正確に使いこなすことはできません。

 

正確に関係代名詞を使うために、必ず以下の表を覚えて下さい。

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

 

関係代名詞 主格 人 の場合

関係代名詞 主格5

 

関係代名詞は2つの文の中の重複している情報を削り1つに組み合わせた形です。

 

例えば以下のような2つの英文があるとします。

 

・I know a girl.

・The girl lives in Tokyo.

 

この2つの中には重複している部分があります。girlの部分です。この重複部分を省略し関係代名詞を使って1つの文にまとめています。

 

I know a  girl who lives in Tokyo.

(私は東京に住んでいる女の子を知っています。)

 

関係代名詞 主格14

 

 

という形になるのですが、2つの文を組み合わせる時には以下のように考える必要があります。

 

どちらの文を骨格(=土台)とするか?

説明で使う文の中の、骨格の文と重複する部分を削る。

削った部分が文章の中のどの位置であるか?

 

 

上記の関係代名詞の文では、〝I know a girl.〟という文を骨格にし、girlの情報を〝The girl lives in Tokyo.〟の文を説明で使っています。そして、この説明の中のThe girl の部分が重複しているので、そこを削り関係代名詞を使って補う形になります。

 

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

上記表のように、人の時に使える関係代名詞は who whose whom that that になります。

 

先程の場合、削った部分が人で主語の部分です。

 

The girl lives in Tokyo.

 

削った部分の代わりに、関係代名詞を置かなければならないのですが・・・削った部分は「人」を表す言葉であり、主語の部分でしたので・・

 

表の中で使える関係代名詞は who と that になります。〝The girl (←who か that)lives in Tokyo.〟

 

骨格の文章の a girl を説明するためにThe girl (←whothat)lives in Tokyo.〟を使っているので・・・

 

I know a girl +〝The girl (←whothat)lives in Tokyo.〟となり・・・

 

I know a  girl whothat) lives in Tokyo. という文になります。

 

 

※詳しく説明されている言葉である a girl  の部分を先行詞と呼びます。

 

 

 

関係代名詞 主格 物 の場合

関係代名詞 主格6

 

主格 人の場合が解れば、物の場合も簡単に理解できます。

例えば・・・ 以下のような2つの英文があるとします。

 

・Ihave a dog.

・The dog has a long tail. 

 

関係代名詞 主格15

 

 

〝I have a dog.〟の方を骨格とし〝The dog has a long tail.  〟を説明で使うとします。この時に・・・

・The dogの部分が重複しているので削ります。 The dog has a long tail.

 

   主格  所有格  目的格
 人  who  whose  whom
 物  which  whose  which
 人・物  that    that

 

重複している部分が物なので(犬は〝物〟になります。)使える関係代名詞は which whose which that thatになります。

 

削った部分が主語なので使える関係代名詞は which と that になります。

 

The dog (←whichthat)has a long tail.

 

骨格の文章の a dog を説明するために〝The dog (←whichthat)has a long tail.〟を使っているので・・・

 

・I have a dog.  +〝The dog (←whichthat)has a long tail.〟となり・・・

・ I have a dog which(that)has a long tail.となります。

 

関係代名詞の英作文に慣れるには?

関係代名詞 主格9

 

関係代名詞の英作文は慣れるまで、他の文法項目とは違い難しく感じると思います。

 

関係代名詞の表を覚え、構造を理解できるようになったけれど、素早く英文を作るのに苦労する・・・ という方が案外多いのではないかと思います。

 

その時に重要になるのが以下の2つのポイントです。

 

関係代名詞の発想の仕方に慣れる。

関係代名詞の練習を大量に練習する方法を知る。

 

 

関係代名詞の発想の仕方

関係代名詞 主格10

 

「私は車を集めることが好きなその男性を知っています。」という文を英訳する時に、以下のように考えると良いと思います。

 

骨格をまず先に言う。

説明を後に付ける。 

 

上記の日本語の場合・・・・ 

 

骨格は「私はその男性を知っています。」です。ですから・・・・ 

 

・I know the man が先に来ます。そして、その後に説明を付け加える形になります。

 

説明は「車を集めることが好き」になります。

 

・likes collecting cars. になります。 

 

上記2つを足し算すると・・・

・I know the man who likes collecting stamps. という形になります。 

 

 

関係代名詞を大量に練習する方法

 

関係代名詞を使いこなすためには、大量の練習が必要です。私は以下のような形で訓練しました。

 

・I know the man who(=that)

・The man who(=that) 

 

のような形で大量にwho(=that)以下に文章を付ける練習をしてみるのです。例えば以下のようになります。

 

・I know the man who swims in this river every day.

・ I know the man who likes eating chocolate.

・ I know the man who always gets up late.  

・The man who likes playing the piano is my brother.

・The man who always gets up late is my cousin.

・The man who usually sleeps late at night goes to school late.

 

このような練習を大量にすると関係代名詞の文章は簡単に作れるようになるはずです。

 

 

冒頭の問題解説

関係代名詞 主格7

 

・冒頭の問題解説です。

 

1番の問題〝公園で踊っている人達を知っていますか?〟ですが・・・

・答えは:「Do you know the people who is dancing in the park?」です。

 

・主格で先行詞が人の時に使える関係代名詞 who を使っています。

・先行詞が人の時でも、物の時でも代わりに使えるthatにすることも可能です。

 

2番の問題〝先週開店したレストランは人気があります。〟ですが・・・

答えは:「The restaurant which opened last week is popular.」です。

 

・主格で先行詞が物の時に使える関係代名詞 which を使っています。

・先行詞が人の時でも、物の時でも代わりに使えるthatにすることも可能です。

 

3番の問題〝彼女にはチョコレートを食べるのが好きな友達がいます。〟ですが・・・

・答えは:「She has a friend who likes eating chocolate.」です。

関係代名詞 主格16

 

・主格で先行詞が人の時に使える関係代名詞 who を使っています。

・eatingの~ingは他動詞likeの目的語部分に置かれている動名詞です。

・先行詞が人の時でも、物の時でも代わりに使えるthatにすることも可能です。

 

4番の問題〝雪で覆われた山が見えますか?〟ですが・・・

答えは:「Can you see the mountain which is covered with snow?」です。

 

・主格で先行詞が物の時に使える関係代名詞 which を使っています。

・先行詞が人の時でも、物の時でも代わりに使えるthatにすることも可能です。

 

重要文法用語まとめ

 

・形容詞

現在分詞 修飾

過去分詞 修飾

不定詞の形容詞的用法

・関係代名詞 主格

・先行詞

・who

・which

・that

 

まとめ

関係代名詞 主格8

 

関係代名詞を使いこなすためには、まず必要な知識(関係代名詞の表)を覚える必要があります。

 

また、who や which を使う理由をきちんと理解しましょう。

 

原理が出来た後は、使いこなせるようになるまで大量に練習してみましょう!

 

 

関係代名詞 主格1