映画 英語 勉強 の術

映画 英語 勉強の術7
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画 英語 勉強 の術

 

英語リスニング力を伸ばす為に、ラジオ 英会話を使って勉強する方法もあるが、そればかりでは飽きてしまう場合もあるかと思う。

 

そんな時は、映画を英語学習に組み込むのも良いかもしれない。今回は 映画 英語 勉強 の術 について述べたい。

 

どのようなジャンルの映画が英語学習には最適か?

映画 英語 勉強の術6

 

映画で英語の勉強をする時には、最終的には自分で好きな映画を選べば良いが、英語のリスニング能力を上げるためには、ラブストーリーが1番適していると思う。

 

それは、アクション映画のようにセリフが少ないこともなく、スラングが連発されてたりすることもなく、また、難解な専門用語が並ぶような映画とも違い、英単語そのものが難しくて困るという確率がかなり少ないからである。

 

私が映画を使って英語学習をした際には、お気に入りの『Notting Hill』(邦題ノッティングヒルの恋人)をたくさん見たものだ。

 

ストーリーが変化に富んでいるが、流れが掴みやすいので学習には最適だった。そして、映画の舞台となったロンドンの西部に位置するこの場所にも実際に出掛け、体感してみることで、より印象が強くなった。その中の表現を、未だにかなり覚えている。

 

映画を使った英語学習の手順

映画 英語 勉強の術

 

映画を使って英語学習をする時には、効率的な手順がある。その手順をしっかり守った方が、リスニング力、英単語力などをより上手に様々な力を獲得することができる。重要な手順は以下である。

 

・映画のスクリプトを用意する。

・話の全体像を先に頭に入れてしまう。

・何度も同じ映画を視聴する。

 

具体的な手順に関しては以下で述べたい。

 

映画のスクリプトを用意する。

映画 英語 勉強の術4

 

自分が好きな作品を選び、何度もその映画を英語で見たいと思うのであれば、是非その作品の台本(スクリプト)を用意していただきたい。

 

その理由は、話の流れが分かったほうが、より英語を聞き取るのが楽であるからである。また、スクリプトがあることで、英単語や英語表現も覚えてしまう事ができるからである。

 

 

映画の全体像をまず頭に入れてしまう。

 

映画を英語のリスニング学習で使う際には、既に述べたように、話の流れをまず頭に入れてしまう方が楽である。

 

その際、まず日本語で一度視聴し、おさらいをした後で、スクリプトを見ながら英語を本格的に聴いていくのが良い。

 

よく聞き取れないところは、スクリプトを見て確認し、わからない英語表現などは、辞書などで理解しなければならないのは言うまでもない。

 

このようにしながら、最初から最後まで不明な個所がなくなるまで、一つの映画を制覇して欲しい。

 

何度も同じ映画を観る。

映画 英語 勉強の術8

 

自分が好きな映画を何度も鑑賞する事で、日常英会話で実際に話される英語の発音を、より自然な形で理解できるようになる。

 

ニュース英語などを使って学習していても、日常英会話の発音の聞き取りがかなり難しく感じるという事はよく起きる。

 

このような時に、映画の中で使われている英語に、何度も耳を傾けることにより、その発音体系に慣れることができるので、リスニング力を伸ばすのに有効な方法だ。

 

何度も同じ英語を眺めることが重要であるのは、何度も反復して日常英会話の発音そのものを頭の中に叩き込まないといけないためだ。生の英語をうまく聞き取れない人は、そのような英語の音が頭の中に入っていない事が原因の場合が多い。

 

聞き取り易いディズニー映画

映画 英語 勉強の術2

 

自身の経験からもあるのでよく解るのだが、ディズニー映画は聞き取り易い。

 

移民が多いアメリカの子供達でも理解しやすいように、発音がハッキリするような形で作られているという話を聞いたことがある。

 

お気に入りのシリーズがある方は是非そうするべきであるし、お子さんがいる方は一緒に見ると面白かもしれない。

 

ストーリーも非常にシンプルで、ある程度話の展開が予測しやすいので、英語を聞き取るには最適であろう。自分の好きな作品があれば、何度も見てみると良いかもしれない。

 

昔の映画も英語を聴き取り易い。

映画 英語 勉強の術3

 

昔の映画の方が英語を聞き取りやすいという話がちらほら聞こえる。確かに、ショーン・コネリーなどが若かりし頃に出演していた映画などは非常に聞き取りやすいように感じる。

 

インターネットの情報によると、現代人が話す英語の発音が、クリアーではないのは確かなようだ。

 

従って、昔の映画に興味がある方は、そちらを見る方が聞き取りやすいので、英語リスニング力アップの初期段階は有効な方法の一つと言える。

 

映画で学んだ表現を実際の英会話で使ってみる。

映画 英語 勉強の術5

 

スクリプトを見ながら何回も同じ映画を見ていると、様々な表現を習得することができる。そして、それらを実際に、英会話レッスンで使ってみると、表現を定着させることができる。

 

私がもし、ネイティブ講師から英会話の個人レッスンを受けているとすれば、実際に自分が映画が学んだ表現を英会話の中で使ってみて、使い方が正しいかどうかを尋ねてみる。

 

相手のリアクションを見ながら、それらの表現を使ってみると、習得はより簡単になるかもしれない。

 

例えば、実際に映画で学んだ表現を使ってみると、講師から〝その表現はフォーマルな場面ではやめておいた方が良い〟などと具体的な指導を受けることができる。そうすることで、よりその英単語や表現に関しての感覚が鋭くなる。