現在分詞の形容詞パターンがコレで見えた!

現在分詞 形容詞8
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在分詞の形容詞パターンがコレで見えた!

 

英文を読んでいる時に、様々な~ing が出てきますが、それぞれの ~ingがどのような使われ方をしているのか?シッカリと理解していないと、正確に訳す事が出来なくなります。また、英作文をする時にも、正しい英文を書けなくなります。

 

今回は ~ing が名詞を説明する形 「現在分詞の形容詞パターン」についてお伝えしたいと思います。

 

 

現在分詞の形容詞パターンが解ると以下のような問題が出来るようになります!

現在分詞 形容詞1

1.以下の(  )内の単語を正しい形に変えなさい。

 

・Look at the (cry )baby. 

 

2.次の単語を並べ替えて文を作りなさい。

 

[the  know  you  girl   over  there  do  crying  ? ]

 

 

現在分詞の形容詞パターンを理解する為のポイント

現在分詞 形容詞2

 

 

現在分詞の形容詞パターンを理解するポイントは以下になります。

 

~ingがどのような意味になるか?

現在分詞が名詞を説明する時に、どの位置に配列するのか?

 

 

現在分詞の形容詞パターンと言うけど・・そもそも〝形容詞〟ってナニ?

 現在分詞 形容詞6

 

英文法の学習を始めたばかりの方は、形容詞という言葉が理解できていない方もいると思います。そんな方はこの機会に理解し、覚えてしまって下さい。

 

簡単に言うと、名詞を説明する言葉です。

 

例えば、名詞「犬」を説明するために、日本語で幾つか考えてみると以下のような言葉が出てきます。

 

・大きな

・茶色い

・毛むくじゃらの  

 

これらの言葉は全て 名詞である 犬 を説明する事が出来ます。

 

大きな

茶色い

毛むくじゃらの犬 

 

という形です。

 

『大きな』『茶色い』『毛むくじゃらの』は全て形容詞になります。このように形容詞は名詞を説明する言葉です。

 

形容詞の基本的な働きはまずこれで大丈夫ですが、文型について勉強をしていくと、補語という言葉が出てきて、『形容詞は補語になる』などと言う説明が出てきます。

 

これは名詞を説明する形の事を言っている訳ではなくて、「文章の中で形容詞を置かなければならない位置がある」と言う事を言っています。(※補語が入ってくる文型に関するページは以下を参照してみて下さい。)

 

 

第2文型[SVC]が解って涙が出ました!

第5文型[SVOC]が解って飛び跳ねました!

 

 

まとめると、英語を勉強していく時に、形容詞の使い方が良く理解できなくなったら、以下の2つを考えると良いです。

 

1.名詞を説明する形容詞の使い方

2.文章の中で形容詞を置かなければならない場合(文型との関係) 

 

 

今回の現在分詞の形容詞的パターンは1番の考え方になります。

 

 

現在分詞の形容詞パターンの意味

 

現在分詞の形容詞パターンは ~ing が名詞を説明する形のことですが、日本語に訳すと「~している」という意味になります。以下の例文を見ると感覚が掴めると思います。

 

・a running boy (走っている少年)

・a crying girl(泣いている女の子)

・a dancing man(踊っている男性)

 

すべて~ing が名詞を説明し 〝~している〟という意味になっています。

 

このページの一番最初に出てきた1つ目の文法の問題の答えは 〝Look at the (crying) baby.〟 ですが(  )の中をcryingにしているのは〝泣いている〟という意味になっているためです。

 

 

英語の修飾に関する共通パターンを知っておくと理解が飛躍的に進む!

現在分詞 形容詞3

 

英語の修飾(=説明する言葉)に関して共通するパターンがあります。

 

それは 説明が短い時には、説明される言葉の前に置き、逆に説明が長々する時には、後ろに置く という事です。これを頭に入れておくだけで、修飾関係に関する文法事項の理解が進みやすくなると思います。

 

以下に例を記したいと思います。

 

1.He is a tall man.(彼は背の高い人です。)

2.This is a broken car.(これは壊れた車です。)

 

・1番の文章では形容詞tallが名詞manを説明しています。

・2番ではbrokenが壊れたという意味になり、車を説明しています。

 

tall,broken 共に短いので前から説明する形になっています。

過去分詞の形容詞パターンを高速で理解しよう!

 

 

3.Do you want something to drink?(何か飲むための物が欲しいですか?=何か飲み物が欲しいですか?)

4.I heard the news that the politician had resigned.(その政治家が辞職したというニュースを聞いた。)

5.I have a friend that lives in Dublin.(私にはダブリンに住んでいる友人がいる。)

6.Friday is the day when I go to Susukino. (金曜日は私がススキノへ行く日です。)

 

・3番では不定詞 to drink が~するためのという意味になり、後ろからsomethingを説明しています。

 

→ 不定詞の形容詞的用法が分かったよ!

 

・4番は同格that以下が後ろからnewsを説明しています。

・5番は関係代名詞that以下が後ろからfriendを説明しています。

・6番は関係副詞when以下がdayを後ろから説明しています。

 

(※様々なthatの使い方に関して興味がある方は→ that 使い方を理解しよう!を参照してみて下さい。)

 

このように、説明が短い場合は前方に置き、長い時は後ろに置くという事になっています。この共通原則は必ず押さえた方が良いでしょう。

 

現在分詞の修飾も上記の原則と同じ考え方になります。以下に例文と共に記して行きたいと思います。

 

 

現在分詞の形容詞パターンの位置には2つある。

現在分詞 形容詞4

 

他の全ての修飾関係の文法項目と同じように、現在分詞の形容詞パターンも考え方は以下の2つになります。

 

ingが名詞を説明する時、1語で使う時には名詞の前に置く

 

ingが名詞を説明する時、2語以上で使う時には名詞の後ろに置く   

 

1.This is boiling water.(これは沸騰している水です。)

2.Do you know the girl speaking English fluently?(あなたは英語を流暢に話している女の子を知っていますか?)

 

・1の文は動詞boil(自動詞)がing形になり『沸騰している』という意味になり、1語で前からwaterを説明しています。

・2の文は動詞speak(他動詞)がing形になり『話している』と言う意味になり〝English〟〝fluently〟と共に使い2語以上になっている為、後ろから説明しています。

 

(※自動詞 他動詞の判別が解らない方は → 自動詞 他動詞 見分け方 もう悩まないで! を参照してみて下さい。) 

 

 

このページの一番最初にあった並び替え問題の答えは・・

 

『 Do you know the girl crying over there?』(向こうで泣いている女の子を知っていますか?) ですが、これは、現在分詞を形容詞として使う時に注意しなければならない位置を尋ねている問題です。

 

 

現在分詞の形容詞パターンと関係代名詞の関係

現在分詞 形容詞7

 

関係代名詞の知識がある方は、以下の例文を読んだ時に「それは現在分詞ではなくて、関係代名詞で書くのではないか?」と思う方もいるかもしれません。

 

私はソファーの上で寝ている女の子を知っています。

・I know the girl who is sleeping on the sofa.

 

関係代名詞 主格 人の場合

 

上記英文のwho と isを省略してしまった形が現在分詞の形容詞パターンであると考えると良いと思います。

・I know the girl (who)(is) sleeping on the sofa.

↓↓↓↓↓↓↓

・I know the girl sleeping on the sofa.

 

まとめ

現在分詞 形容詞5

 

現在分詞の形容詞パターンのポイントは、これまで見てきたように「意味」と「位置」になります。

 

これがある程度理解出来たら、英文法の関連する問題に挑戦してみたり(現在分詞の修飾などと書いているものもあります。)のところの問題を解いてみたり、実際の英文を読み、ingを発見した時には現在分詞が形容詞の形で使われていないか?確認してみると、理解がより進むと思います。

 

英文を読んでいると、様々なingが出てきます。一つ一つのingを正確に判断する為にも、現在分詞の形容詞(=現在分詞修飾)をマスターし、判断する上での材料の一つにしたいものです。