生の英語 に触れよう!

生の英語に触れよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習をする時に、様々な教材を使うと思いますが、生の英語を読んだり、聞いたりすることを忘れがちだと思います。

本日は『 生の英語に触れよう! 』をテーマにお伝えしたいと思います。

 

 

お勉強英語の限界

生の英語に触れよう!1

 

多くの英語学習者は、TOEICや英検学習をする時などは、公式問題集や過去問題といったものや、それらに専用の対策問題集を使うと思います。

 

私の経験からですが、TOEIC点数が700点位や英検準1級合格位までは〝お勉強英語〟でもどうにかなるかもしれません。ところが、それ以上のレベルを目指そうと思えば、生の英語に触れていく必要もあると思います。

 

誤解を与えるとイケナイと思うので、繰り返しますが〝お勉強英語が役に立たないと言っている訳ではなくて、それだけでは不十分である〟という意味です。

 

TOEICや英検の公式問題集や過去問題を解いていくと、確かに良く出る英単語や英語表現を効率よくインプットできるのは確かです。

 

ところが、どちらの試験も長文問題、リスニング問題共に、当然ながら初見であり、初見の問題を正確に理解する必要が出てきます。その為には、色々な内容の英文を読んだり、様々な英語を聞いて理解出来る必要があります。

 

日頃の学習の中に、お勉強英語だけではなくて、生の英語をインプットする時間も組み入れることを強くお勧め致します。

 

自然な英語を読み、聞くと様々な力が獲得できる。

生の英語に触れよう!4

 

 

英字新聞を使った英語学習や生のドラマを観るなどの学習を行っていくと、様々な力を自然に獲得できるようになります。

 

・初見の内容でも確実に理解出来る力

・自然な語彙力

・”お勉強英語”では学べなかった英単語の使い方

・リスニング力の大幅な向上

・道具としての英語力の獲得  

 

などなどです。

 

英単語の使い方に関して一例を挙げると、生の英語ドラマを観ていると、様々な発見があります。例えば〝CSIシリーズ〟などを観ていると『murder』という英単語を動詞として多用していることが多くて、あまり名詞として使っていることはありません。また、同じ意味を持つ『Kill』もあまり登場しません。

 

リスニング力に関してですが、生の英語を大幅に聴いていると、試験問題の英語は音声が本当にクリアーで、そしてゆっくり感じるので聞き取るのが非常に楽に感じるようになるのです。

 

 

自然な英語を無料で視聴できるメディア

生の英語に触れよう!3

 

生の英語を無料で大量にインプットするためにお奨めなのが、BSチャンネルの『 Dlife 』です。夜10時以降にはほぼ毎日沢山の英語ドラマが放送されています。また、Dlife にはスマホアプリもあるので、これらをスマホやタブレットから視聴することも出来ます。

 

バランスの取れた英語学習をするために、是非ご覧になってみて下さい。