接尾辞 en 2つの品詞との関連性を抑えよう!

接尾辞en1
このエントリーをはてなブックマークに追加

接尾辞 en  2つの品詞との関連性を抑えよう!

 

辞書を引いていると、ちらほら語尾に「en」が付いた単語が目に飛び込んできます。例えば「darken」などです。

 

今回は 接尾辞 en の意味、ポイント、接尾辞enが付く単語についてお伝えしたいと思います。

 

 

接尾辞 en のポイントと意味

接尾辞en2

 

接尾辞 en は 形容詞や名詞の前に付けて

 

「~にする」

「~になる」 という意味の動詞を形成します。

 

例: weak(弱い=形容詞)+en ⇒ weaken(弱くする)

 

 

 

接尾辞 en が付く英単語

 

接尾辞 en が付く英単語には以下のようなものがあります。

 

・awaken(~を目覚めさせる)

・batten(~に板をあてる)

・bedizen(~を飾り立てる)

・betoken(~を明らかにする)

・blacken(~を黒くする)

・brighten(~を明るくする)

・broaden(~を広くする)

・chasten(~を懲らしめる)

・cheapen(~を安くする)

・coarsen(~を下品にする)

・crispen(~をカリカリにする)

・dampen(~を湿らせる)

・darken(~を暗くする)

・deaden(~を弱らせる)

・deafen(~の耳を聞こえなくする)

・deepen(~を深める)

・dishearten(~をガッカリさせる) ※disは接頭辞で「無」の意味で使われています。

・dizen(~を飾り立てる)

・enliven(~を生き生きとさせる)

・embolden(~を大胆にする)

・fasten(~を締める)

・flatten(~を平らにする)

・freshen(~を新鮮にする)

・gladden(~を楽しませる)

・harden(~を固くする)

・hasten(~を急がせる)

・hearken(~を傾聴する)

・lessen(~を少なくする)

・lighten(~をより明るくする)

・loosen(~を緩くする)

・louden(やかましくさせる)

・liven(生き生きする)

・lengthen(~を長くする)

・madden(~を荒れ狂わせる)

・moisten(~を湿らせる)

・neaten(~をきちんと整える)

・quicken(~を速める)

・quieten(~を静かにさせる)

・raven(略奪する)

・redden(~を赤くする)

・refreshen(~を再び新しくする)

・ripen(熟する)

・sadden(~を悲しくさせる)

・sharpen(~を鋭くさせる)

・shorten(~を短くする)

・sicken(病気になる)

・slacken(~を緩める)

・smoothen(~を滑らかにする)

・soften(~を柔らかくさせる)

・steepen(~を険しくする)

・stiffen(~を固くする)

・straiten(~を真っすぐにする)

・sweeten(~を甘くする)

・tauten(ピンと張る)

・thicken(~を濃くする)

・tighten(~をきつくする)

・waken(~の目を覚まさせる)

・weaken(~を弱める)

・ween(~だと思う)

・whiten(~を白くする)

・widen(~を広くする)

・worsen(~を更に悪化させる)

・youthen(~を若々しくする)

 

 

知っていると便利な 接頭辞 接尾辞

接尾辞en3

 

以下のような接頭辞を知っておくと語彙力UPに役立ちます!

 

anti

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

・in

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

sub    (〝~の下〟〝副〟)

・un

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

接尾辞 en は名詞や形容詞の後ろにつけて 動詞化 する ところがポイントです。

 

enが付く動詞を見かけたら、自分の知っている名詞や形容詞の後ろに付いていないか?確認してみると良いでしょう。そうすることで、より印象に残り記憶の定着に繋がる筈です。