動詞 人 to do の形を取る動詞について。

v o to do型動詞6
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

動詞 want を使いこなそうとする場合「~を欲する」という意味だけを覚えても、実際の英会話や英作文では使い物にならない。   want 人 to 動詞の原形 という形を覚えてこそ、本当にこの動詞を使いこなせるようになる。

 

また、このタイプの動詞には他にどのような動詞があるのか?という事を知っていると、さらに英語表現力は拡がる。  

 

本日は 動詞 人 to do タイプの動詞について説明したい。  

 

 この動詞はどんな形?

v o to do型動詞  

 

〝I think that he is a student.〟

 

という文章では、接続詞that以下の中の主語と述語はそれぞれ he と isであり「私は彼が学生であると考える」という風に解釈するが・・・

 

接続詞 that 名詞節 

 

I want my students to study English. となると・・・

 

「私は(私の)生徒さん達に英語を勉強して欲しい」とか「私は生徒さん達が英語を勉強して欲しい」と言う和訳になる。  

 

動詞 O to do タイプの 動詞は、O と to do のところに主語 述語のような関係があると考えると理解しやすい。

 

※「なぜ不定詞(to do)の前にOを置く必要があるのか?」と疑問を持つ方は・・・

不定詞意味上の主語『動詞 人 to do』  

 

 

動詞 人 to do を使いこなす為に知るべきポイント

v o to do型動詞2  

 

このタイプの動詞を使いこなす為には、以下のようなポイントを知る事が最善である。  

 

このパターンを取る動詞を知っておく事。(この語法を取る動詞を覚えておく方が最終目標!)

不定詞部分を否定する時には、不定詞の前にnotを置くという事。

 

 

動詞 人 to do 型 動詞の注意点について

v o to do型動詞3  

 

このタイプの動詞を使う時に、気を付けなければならないポイントは、不定詞の部分を打ち消す時に不定詞の前にnotを置くということである。  

 

例えば I want you to speak Japanese.(私はあなたに日本語を話して欲しい) と言う文章を・・・

 

「私はあなたに日本語を話さないで欲しい」とする場合

 

I want you not to speak Japanese. という風にする事である。  

 

このようなポイントは、試験英語例えば、英検の文法対策などにも有効であるので是非抑えて欲しい。  

 

 

動詞 人 to do 型 動詞 にはどのような物があるか?

v o to do型動詞4  

 

このタイプの動詞の応用力を増やす為には、他にどのような動詞がこの形で使えるとかという事を知った上で、それを使って英文が作れるようになると良い。  

 

このタイプの主な動詞は以下である。  

・allow O to do(Oが~するのを許す)

・ask O to do(Oに~するよう頼む)

・cause O to do(Oが~するのを引き起こす)

・enable O to do(Oが~するのを可能にさせる)

・expect O to do (Oが~するのを期待する)

・force O to do(Oが~するのを強要する)

・get O to do(Oに説得して~させる)

・invite O to do (Oが~するよう勧める。)

・instruct O to do(Oが~するよう指示する)

・oblige O to do (Oに~する義務を負わせる)

・persuade O to do(Oが説得して~させる)

・recommend O to do (Oに~するよう勧める)

・tell O to do (Oに~するよう伝える)  

 

 

このタイプの動詞をリーディングの知識と結びつけるには?

v o to do型動詞5  

 

私が上記の様なタイプの動詞を覚えて以来、英文を読む時に非常に役に立ってる。  

 

なぜなら、文章構造を正確に掴む一つの材料になり、英文の先を予測して読めるようになるからだ。  

 

例えば、TOEICリーディング対策をする時に、part6などを読んでいる時に、I want you と来た瞬間に to を探しに私の頭は自動的に動いている。  その時点で同時に「あなたが何をすることを望むのか?」という発想で英文を読んでいる。  

 

このように、上記の動詞を覚えて英作文などで使えるようになると、先の展開を予測する材料の1つとなり得るので、積極的に理解し、覚え、使えるようにしてほしい。

 

2015年6月7日 | カテゴリー : 動詞, 英文法 | 投稿者 : HOSHINO