札幌 英語教室 ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※ブログタイトルをクリックすると、さらに読みやすくなります!

ブログ一覧

接尾辞 tion を覚えて名詞の語彙を増やそう!

接尾辞 tion1

接尾辞 tion を覚えて名詞の語彙を増やそう!

 

自分が既に覚えている動詞や形容詞にtionを付けるだけで、語彙を大幅に増やすことが出来るかもしれません。

動詞と接尾辞 tionの関係を是非この機会に確認してみましょう!

 

接尾辞 tion のポイント

 

接尾辞 tionは「動詞+tion」 「形容詞+tion」で名詞化します。

 

 

接尾辞 tion の付く英単語

接尾辞 tion2

 

・abbreviation(省略形)

・abidication(放棄)

・aberation(奇行)

・abolition(廃止)

・abortion(中絶)

・abrasion(摩耗)

・absorption(吸収)

・acceleration(加速)

・ambition(野心)

・cancellation(中止)

・carbonation(炭酸化)

・coalition(連携)

・combustion(燃焼)

・communication(意思疎通)

・commemoration(記念)

・degradation(低下)

・delegation(代表)

・emancipation(解放)

・escalation(増大)

・execution(実行)

・evolution(進化)

・formalization(形式化)

・fornication(密通)

・generation(出産)

・gravitaion(重力)

・hallutination(幻覚)

・illustration(イラスト)

・improvisation(即興)

・justification(正当化)

・manipulation(操作)

・nomination(指名)

・operation(操作)

・oppositon(反対)

・optimization(最大化)

・pollution(公害)

・pollination(授粉)

・prediction(予測)

・protection(防御)

・qualification(資格)

・reaction(反応)

・relation(関係)

・relaxation(リラックス)

・reproduction(複製)

・resignation(辞職)

・satisfaction(満足)

・suggestion(提案)

・subscription(定期購読)

・traction(牽引)

・transition(移行)

・transfusion(輸血)

・urbanization(都市化)

・vegetation(植物)

・veneration(尊敬)

・ventilation(換気)

・westernizatiojn(西洋化)

 

 

一緒に覚えておきたい 接頭辞 接尾辞

 

<接頭辞>

anti    (〝反〟〝抗〟〝対〟)

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

en     (〝~の中に入れる〟〝~にする〟)

fore   (〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟)

inter (〝~の間〟〝相互の〟)

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

pre    (“~より前の”  “前もって”  “~の前にある”)

sub    (〝~の下〟〝副〟) 

tri      (〝3〟〝3倍〟〝3重〟)

 

<接尾辞>

age   (“~なこと”  “~の状態” “料金” “グループ”)

en     (〝~にする〟〝~になる〟)

fy      (〝~化する〟〝~にする〟)

phobia (〝~恐怖症〟〝~嫌い〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?以下がポイントになります。

 

“動詞+tion”  “形容詞+tion”で名詞化する。

 

自分が既に知っている動詞や形容詞にtionを付けるだけで単語の数を増やすことが出来ます。是非動詞と共に覚えてしまいましょう。

 

 

接尾辞 age 品詞との関係を知り語彙を2倍にしよう!

接尾辞 age1

接尾辞 age  動詞との関係を知り語彙を2倍にしよう!

 

既に知っている英単語に何かを付けることで単語が増えると非常に嬉しいものです。また、そうすることで記憶が強化されるものです。

今回は接尾辞 age についてお伝えします。

 

接尾辞 age のポイント

 

接尾辞 age は “動詞+ age” “名詞+age”  “形容詞+age ” で名詞化します。

 

接尾辞 age の意味

 

接尾辞 age の意味は〝~なこと〟〝~の状態〟〝料金〟〝グループ〟です。

 

接尾辞 age の付く英単語

接尾辞 age2

 

・abusage(乱用)

・alienage(外国人であること)

・anedotage(逸話集)

・assemblage(会合)

・bandage(包帯)

・beerage(醸造者)

・blockage(遮断)

・bondage(苦役)

・brakeage(制動)

・clearage(片付け)

・coinage(硬貨の製造)

・commonage(共同使用)

・cordage(縄)

・coverage(報道 )

・dosage(投薬量)

・drainage(排水)

・driftage(漂流)

・exploitage(開発)

・homage(尊敬)

・hostage(人質)

・leakage(漏れ)

・linkage(繋がり)

・lineage(血統)

・marriage(結婚)

・mileage(マイレージ)

・orphanage(孤児院)

・outage(停電)

・postage(郵送料)

・rampage(凶暴な行為)

・ravage(略奪)

・salvage(海難救助)

・sewerage(下水処理)

・shortage(不足)

 

一緒に覚えておきたい接尾辞

 

<接頭辞>

anti    (〝反〟〝抗〟〝対〟)

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

en     (〝~の中に入れる〟〝~にする〟)

fore   (〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟)

inter (〝~の間〟〝相互の〟)

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

pre    (“~より前の”  “前もって”  “~の前にある”)

sub    (〝~の下〟〝副〟) 

tri      (〝3〟〝3倍〟〝3重〟)

 

<接尾辞>

en     (〝~にする〟〝~になる〟)

fy      (〝~化する〟〝~にする〟)

phobia (〝~恐怖症〟〝~嫌い〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?以下がポイントになります。

 

・接頭辞 age は  という意味を持つ

・“動詞+ age” “名詞+age”  “形容詞+age ” で名詞化す 

 

自分が既に知っている英単語との関係がより深まるのではないでしょうか?

 

接頭辞 pre 覚えておきたい3つの意味。

接頭辞 pre1

接頭辞 pre 覚えておきたい3つの意味。

 

英単語を少しずつ覚えていくのは、大変なものです。また、覚えた単語もドンドン忘れてしまうので復習も大変ですが、接頭辞を少しずつ覚えることで英単語忘却を抑えることが出来ます。

今回は接頭辞「pre」が付く英単語についてお伝えします。

 

接頭辞 pre の意味

 

接頭辞 pre の意味は〝~より前の〟〝前もって〟〝~の前にある〟になります。

 

接頭辞をprefixと言いますが文字通り「前にある」ものです。

 

接頭辞 pre の付く英単語

接頭辞 pre1

 

・preadolescense(思春期直前期)

・prearrange(前もって~を準備する)

・precaution(用心 予防策)

・precedence(優先事項)

・precept(教訓)

・precocious(早熟の)

・precognition(予知)

・preconception(先入観)

・precondition(前提条件)

・precook(~を下ごしらえする)

・pre-cut(前もって切ってある)

・predecessor(前任者)

・predestined(前もって運命付けられた)

・predicate(~に基づく)

・predict(~を予言する)

・predilection(偏愛)

・predispose(~にかかりやすくさせる)

・predominant(有力な)

・prefabricate(~を前もって作る)

・prefab(プレハブ)

・preface(序文)

・prefix(接頭辞)

・prehistoric(有史以前の)

・prehuman(人類出現前)

・prejudice(偏見)

・preliminary(予備の)

・prelude(前奏曲)

・premature(未熟な)

・premise(前提)

・premonition(予感)

・prepaid(前払いの)

・preposition(前置詞)

・preregister(事前登録する)

・prerequisite

・prescription(処方箋)

・presume(~とみなす)

・preview(プレビュー)

・previous(以前の)

 

接頭辞 pre と同じような意味を持つ接頭辞は?

 

接頭辞 pre と似たような意味を持つ接頭辞には「fore 」「pro」があります。

 

一緒に覚えておきたい接頭辞・接尾辞

 

<接頭辞>

anti    (〝反〟〝抗〟〝対〟)

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

en     (〝~の中に入れる〟〝~にする〟)

fore   (〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟)

inter (〝~の間〟〝相互の〟)

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

sub    (〝~の下〟〝副〟) 

tri      (〝3〟〝3倍〟〝3重〟)

 

<接尾辞>

en     (〝~にする〟〝~になる〟)

fy      (〝~化する〟〝~にする〟)

phobia (〝~恐怖症〟〝~嫌い〟)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?以下がポイントになります。

 

・接頭辞 pre は 〝~より前の〟〝前もって〟〝~の前にある〟意味があります。

・似たような意味を持つ接頭辞には「fore」や「pro」があります。

 

自分の既に知っている英単語と関連付けて覚えてみましょう!

接頭辞 tri 必須の〝3つの〟意味とは?

接頭辞 tri1

接頭辞 tri 必須の〝3つの〟意味とは?

 

接頭辞の中には数字を意味するものがあります。

今回は接頭辞「tri」が付く英単語をまとめてみました。

 

接頭辞 tri の意味

 

 

・接頭辞〝tri〟 は〝3〟〝3倍〟〝3重〟の意味があります。

 

 

接頭辞 tri の付く英単語

 

・triangle(三角形)

・triangular(三角形の)

・triangulate(~を三角測量する)

・triathlon(トライアスロン)

・tribe(種族)

・tribal(種族の)

・tribalism(種族意識)

・tricentennial(300年目の 300年祭の)

・triceps(三頭筋)

・tricolor(三色旗)

・tricycle(三輪車)

・trigonometry(三角法)

・trilateral(三国間の 三者間の)

・trilingual(3か国語を話す)

・trilogy(3部作)

・trimester(学期)

・trinity(三位一体)

・trio(三重奏)

・triple(3倍の)

・tripple jump(三段跳び)

・triplet(三つ子)

・triplex(3重の)

・triplicate(三通作る)

・tripod(三脚)

・trisect(~を三等分する)

・trisection(三等分)

・triumvirate(三頭政治)

 

一緒に覚えておきたい接頭辞・接尾辞

接頭辞 tri3

 

<接頭辞>

anti    (〝反〟〝抗〟〝対〟)

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

en     (〝~の中に入れる〟〝~にする〟)

fore   (〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟)

inter (〝~の間〟〝相互の〟)

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

sub    (〝~の下〟〝副〟) 

 

 

<接尾辞>

en     (〝~にする〟〝~になる〟)

fy      (〝~化する〟〝~にする〟)

phobia (〝~恐怖症〟〝~嫌い〟)

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

3つの意味 〝3〟〝3倍〟〝3重〟を持っています

 

既に知っている英単語の中に〝tri〟が付いたものがあったはずです。改めて確認すると記憶の定着が良くなるはずです。

 

接頭辞 fore〝前もって〟知っておきたい3つの意味

接頭辞 fore

接頭辞 fore〝前もって〟知っておきたい3つの意味

 

英単語学習をしている時に「fore」が付いている英単語を目撃することがあるかと思います。

本日は、接頭辞「fore」が付く英単語をまとめてみました。

 

 

接頭辞 fore のポイント

 

 

接頭辞 fore は〝動詞〟 〝名詞〟 〝形容詞〟に付く。

接頭辞 fore の意味は?

 

 

接頭辞 fore の意味

 

 

接頭辞〝fore〟は〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟の意味があります。

 

 

 

接頭辞 fore が付く動詞は?

 

 

・forearm(前もって武装する。)

・forecast(~を予測する。)

・foreordain(~を予め決める。)

・foresee(~を予測する。)

・foreshadow(~の前兆になる。)

・foreshorten(~を普通より早くやめる。)

・forestall(~を未然に防ぐ。)

・foretell(~を予見する。)

 

 

接頭辞 fore が付く名詞は?

接頭辞 fore2

 

 

・forearm(前腕)

・forebrain(前脳)

・forecourt(前庭)

・forefather(先祖)

・forefoot(前足)

・foreknowledge(前知識)

・foreleg(前脚)

・forenoon(午前)

・forerunner(先駆者)

・foreshore(なぎさ)

・foresight(先見)

・foretaste(試し)

・forethought(用心)

 

 

foreが付く形容詞は?

 

・forearmed(前もって武装した)

・foredoomed(前もって運命づけられた)

・foremost(最も優れた)

・foreshortened(小さく見える)

 

 

接頭辞 fore と同じような意味を持つ接頭辞は?

 

 

接頭辞 fore と同じような意味を持つ接頭辞には「pre」「pro」があります。

 

 

 

一緒に覚えておきたい接頭辞・接尾辞

接頭辞 fore3

 

 

<接頭辞>

anti    (〝反〟〝抗〟〝対〟)

dis   (〝分離〟〝反〟〝無〟〝不〟)

en     (〝~の中に入れる〟〝~にする〟)

inter (〝~の間〟〝相互の〟)

im  (〝反〟〝無〟〝不〟)

ir     (〝反〟〝無〟〝不〟)

il    (不〟〝非〟〝無〟)

sub    (〝~の下〟〝副〟) 

 

 

<接尾辞>

en     (〝~にする〟〝~になる〟)

fy      (〝~化する〟〝~にする〟)

phobia (〝~恐怖症〟〝~嫌い〟)

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

・接頭辞「fore」は〝動詞〟〝名詞〟〝形容詞〟に付く

・3つの意味〝前の方の〟〝昔の〟〝前もって〟  を持っています。

 

自分が既に習得している単語があれば、その単語を基に考えると更に理解が深まるはずです。