if whether 使い分け がコレで解決!

if whether 使い方1
このエントリーをはてなブックマークに追加

if whether 使い分け

 

〝if と whether の使い分け がなんだかよく分からないな・・・〟 と思う方も多いのではないでしょうか?

 

前回は接続詞thatについてお伝えしましたが、その部分が理解出来ると、今回の if whetherの使い分けの理解がラクになります。基本的な考え方は同じだからです。

 

長文読解をしていく際には文構造の把握が重要になります。英語長文読解が苦手な方の多くは文章構造を正確に把握ケースが非常に多いのです。

 

英語 長文読解を苦手にしてしまう3つの悪因。

 

文章構造を正確に判断できるためにもif whetherについてシッカリ理解することが重要です。

 

 

if whether 使い分け が分ると以下の英作文が出来るようになります!

if whether 使い方2

 

・以下の日本語を英文にしてみましょう!

 

1.彼女が成功するかどうかは彼女の努力次第です。

2.問題は彼が忙しいかです。

3.私はこの薬が効くかどうか分かりません。

4.ケンは来るかどうか決めることが出来ませんでした。

 

 

 

if whether 使い分け のポイント

if whether 使い方3

 

・if と whether 使い分けを理解するためのポイントは以下になります。

 

文章の中で名詞を置ける位置をシッカリ理解する。

接続詞の文章構造を理解する。

ifとwhetherの違いを理解する。

〝もし~〟の場合のifとの違いを理解する。

 

 

文章の中で名詞を置ける位置。

if whether 使い方3-1

 

動名詞のところなどでもお伝えしてきましたが、文章の中で名詞の置ける位置は決まっています。

そして、接続詞ifと whetherも名詞の働きと基本原理は一緒です。

 

ですから、名詞の置ける位置を理解すると、ifやwhetherを文章のどの位置で配置できるのか?と考えることが出来るようになります。

 

以下が文章の中で名詞を置ける位置になります。

 

・主語

・目的語

・補語

・前置詞の目的語(=前置詞の後ろに来る名詞)

 

 

接続詞の文章構造

 

 

副詞節を導く従属接続詞のところでもお伝えしましたが、接続詞が入った文構造は〝主語〟+〝動詞〟 という構造になり完全な文になるという事です。

 

・ I don’t know if he is fine.(私は彼が元気かどうか分かりません。)

if以下が「he is fine.」で独立した完全な文になっています。

 

 

 

if whether の違いを理解しよう!

if whether 使い方4

 

if と whetherの違いを理解して使い分けが出来るようになりましょう!以下の2つのグループに分けて考えると解り易いと思います。

 

ほぼ全ての位置で使える〝whether〟

極めて限られた位置でしか使えない〝if〟

 

 

ほぼ全ての位置で使える〝whether〟

 

ほぼ全ての位置で使える〝whether〟ですが、2つに分けるとスッキリすると思います。

 

第1グループ

「主語、補語、目的語、前置詞の目的語として使える whether 」

 

Whether he is dead is not sure.

(彼が死んでいるかどうかは確かでありません。)

 

→whetherを主語の位置で使っています。

 

・The point is whether she will come.

(問題は彼女が来るかどうかです。)

 

→whetherを補語の位置で使っています。

 

・I don’t know whether he got a new smart phone.

(私は彼が新しいスマホを手に入れたかどうかわかりません。)

 

→whetherを目的語の位置で使っています。

 

 

第2グループ

「or notを直後に付けられる、不定詞が後ろに置ける whether」

 

・I don’t know whether or not he will come here.

(彼がここに来れるかどうかわかりません。) 

 

whether の直後にor not が付いていますが、ifの直後をこのような形にすることはできません。

 

・It is up to you whether to start or not.

(始めるかどうかはあなた次第です。) 

 

whetherの直後に不定詞が来ていますが、ifの直後をこのような形にすることはできません。

 

※この文のitは形式主語になっています。

 

 

極めて限られた位置でしか使えない〝if〟

if whether 使い方5

 

「~かどうか」の意味を表す〝if〟は限られた場所でしか使う事が出来ません。

 

簡単に言うと、目的語の位置で使うという事になります。

 

 

・Let me know if he likes me.(彼が私のことを好きかどうかを教えて下さい。)

 

動詞knowが他動詞で、目的語の位置にif以下の文章が来ています。ifの代わりにwhetherを使うことも可能です。

 

余談ですが、ifを使ったこの文章は曖昧さが残ります。動詞knowを自動詞と考えた場合「もし彼が私を好きであれば教えて下さい。」と訳すことが出来てしまうからです。こういった時にwhetherを使うと「~かどうか」の意味でしか解釈できないので、曖昧さを解消出来ます。

 

自動詞 他動詞 見分け方

 

 

以下で if〝もし~〟と〝~どうか〟について説明したいと思います。

 

 

if 副詞節 名詞節 の区別はだいじょうぶ?

if whether 使い方6

 

英文を読んでいる途中で、ifに遭遇した時にフィーリングで〝もし~〟〝~どうか〟の意味を決定してはいけません。どちらの意味になるのか?を文章構造に基づいて考えられるようになりましょう。

 

以下の2つのような文章の中に出てくる if の区別が出来るようになることです。

 

1.He did not know if the shop is good. 

2.If it is fine tomorrow, she will go shopping. 

 

1番の文は文章の名詞の位置で使われている(=目的語の位置で使われている)ので〝~かどうか〟と訳すことになります。

 

2番の文は名詞の位置で使われていないので、副詞節を導く従属接続詞になり〝もし~〟の意味になります。

 

 

冒頭の問題解説

if whether 使い方7

 

・冒頭の問題の解説です。

 

・1番目の問題「彼女が成功するかどうかは彼女の努力次第です。」ですが・・・

 

答えは「Whether she will succeed depends on her efforts.」になります。

文頭で使う事が出来るのはwhetherになります。

 

 

・2番目の問題「問題は彼が忙しいかです。」ですが・・・

 

答えは「The question is whether he is busy.」になります。

補語の位置で使う事が出来るのはwhtherになります。

 

 

・3番目の問題「私はこの薬が効くかどうか分かりません。」ですが・・・

 

答えは「I don’t know whether(if)this medicine will work.」になります。

目的語の位置では whether 、if どちらも可能です。

 

 

・4番目の問題「ケンは来るかどうか決めることが出来ませんでした。」ですが・・・

 

答えは「Ken could not decide whether(if) he will come.」

目的語の位置では whether 、if どちらも可能です。

 

別解答「Ken could not decide whether to come.」も可能です。

ただし不定詞を直後に付けることが出来るのは whetherになります。

 

 

重要文法用語のまとめ

 

・名詞

・接続詞

・whether

・if

副詞節を導く従属接続詞

 

まとめ

if whether 使い方8

 

if と whether の使い方や違いの理解は進みましたか?

 

英作問題をやりながら、何がポイントになっているか?何を知っていれば英文を作れるのか?を考えると、より効率的に理解できると思います。

 

解らないところがあれば、説明やポイントを確認し何回か反復すると、習得出来ると思います。

 

2016年11月16日 | カテゴリー : 名詞, 接続詞 | 投稿者 : HOSHINO